ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

564

カーディガンコーデ術|おしゃれに着こなす肩掛けのやり方・結び方!アレンジ動画解説も!

トップスにしたり羽織ったり、1つ持っているだけでコーデの幅が広がり、温度調節にもなるカーディガン。今回は着る以外にも、肩掛け、結んだアレンジなど、カーディガンのコーディネート術をご紹介します。

動画ではボレロ風やビスチェ風、ニットトップス風になるアレンジ方法を解説。ぜひチェックして、季節問わずカーディガンを着回してみてくださいね!

■トップス・羽織・肩掛け!定番のカーディガン着こなし6選

1.前を閉めてトップスに

まずは前のボタンを全部閉めてトップス風に。春や秋には1枚で、冬にはアウターの下のインナーにもぴったりです。

VネックならTシャツなどを下に入れたり、クルーネックならシャツとレイヤードして襟だけ出したりするのもおしゃれ。

2.前を開けて羽織に

続いては前のボタンを開けて、羽織にした着こなし。季節の変わり目で朝晩が冷える時期、エアコンが効いて肌寒い夏のオフィスなどでも重宝します。

羽織らないときは手に持ってコーデの一部に!ベーシックなコーデには、差し色としてカラーのカーディガンを持ち歩くのもおすすめです。

3.腕を通さずに肩掛けでケープ風

最近街でよく見かける、カーディガンの袖を通さずケープ風に肩掛けした着こなし。大人っぽい印象のコーディネートになります。

二の腕や肩回りが気になる…!という方もサッと肩に掛けるだけで華奢見えする効果も。インナーと同色のカーディガンでアンサンブル風のコーディネートもおすすめですよ。

4.袖を結んでプロデューサー巻き

カーディガンを結ぶアレンジの定番がプロデューサー巻き。前で結ぶだけなので簡単かつ、肩から落ちにくいのもポイントです。

軽いリブニットなどのカーディガンなら肩にかかるあたりで、ケーブルニットのカーディガンなど肩よりも下の位置でゆるっと結ぶのがおすすめ。

5.斜めに結んでたすき掛け

カーディガンを斜めに結んだたすき掛けのアレンジ。カジュアルコーデにおすすめの結び方です。

たすき掛けで気を付けたいのが後ろ姿。カーディガンのボタンを留めて、ボタンを外側に、首元が外側に折れるようにふわっと広げて結びましょう。

6.腰に結んでウエストマーク

カーディガンを腰で巻いたアレンジは、ウエストマークができるので、スタイルアップしたように見せるのにも効果的◎

スニーカーやキャップと合わせて、カジュアル・スポーティーに着こなすのがおすすめです。

■【動画で解説】コーデの幅が広がる!カーディガンのアレンジ4選

1.お腹周りがもたつかない!タックイン風アレンジ

カーディガンの丈が長い場合、スタイルアップのためにボトムにインする方も多いのではないでしょうか。ですが、ニットカーディガンのような厚手のものは、インするとお腹周りがもたついて、かえって太って見えることも……。

そんなときにおすすめの、ボタンを留める位置を変えるだけで簡単にできる、インしている風アレンジをご紹介します。

◎アレンジ方法
1.カーディガンのボタンを全て開けておく
2.穴側の裾を内側に折り、一番上と一番下の穴を重ねる
3.重ねた状態で一番上のボタンを留める
4.ボタン側の裾を内側に折り込み、穴側と長さを合わせる
5.折った状態で一番下にきているボタンを留める
6.残りのボタンを留めて、整えたら完成!

2.所要時間1秒!フェミニンなボレロ風アレンジ

フェミニンなワンピースなどを着る際におすすめなのがボレロ風のアレンジ。前から見ると丈が短く見えるのでスタイルアップ効果も。横の斜めのラインもかわいいですよ。

わずか1秒でできる簡単アレンジです!ぜひ今すぐ試してみてくださいね。

◎アレンジ方法
1.カーディガンのボタンを全て開けておく
2.一番下のボタンを体の後ろで留めたら完成!

3.後ろでボタンを留めてニットトップス風アレンジ

前後ろを反対にして着ればニットトップス風に早変わりします。2WAYのアイテムでなくてもOK!Vネックのカーディガンで背中や中のインナーを見せるのもおしゃれですよ。

後ろでボタンを留めるのが難しかったら、留めた状態で頭からかぶっても◎

◎アレンジ方法
1.カーディガンを前から袖を通す
2.背中側でボタンを留めて完成!

4.袖を後ろで結んでビスチェ風アレンジ

カーディガンをビスチェ風に見立てたアレンジ。夏にはTシャツ、冬にはタートルネックのカットソーなどとレイヤードするとおしゃれですよ。

後ろをリボン結びすればでバックスタイルもかわいく!ぜひチャレンジしてみてくださいね。

◎アレンジ方法
1.カーディガンのボタンを胸元あたりまで開ける
2.袖を脱いだら胸までカーディガンを上げ、ボタンを留める
3.袖を背中に回して後ろで結ぶ
4.整えたら完成!

▼動画でカーディガンアレンジをマスター!

Original Update by Instagram

■アレンジして着回せる!おすすめブランドカーディガン

■カーディガンアレンジでコーディネート無限大

普通に着るのはもちろん、肩掛けの仕方、結び方、ボタンの留め方次第で着こなしの幅が広がるカーディガン。素材のバリエーションも豊富なアイテムなので、どの季節でも活躍すること間違いなしです。

コーディネートがマンネリ化してしまいがちという方、ぜひこの記事で動画を見返してアレンジに挑戦してみてくださいね。

海外ブランドのカーディガン一覧はこちら

■こちらの記事もチェック!

▼長袖シャツのアレンジはこちら!
» シャツのアレンジを動画で解説!ビスチェにもなる着回し術・結び方4選

▼カーディガンも活躍!気温15度のときのコーデ
» 最高・最低気温15度で過ごしやすい服装は?大人女性の気温別コーデ集

▼カーディガンを使ったロエベのコーディネート!
» 『LOEWE(ロエベ)』のパズルバッグで秋コーデにアクセントを。AXES STYLE VOL.98

カーディガンコーデ術|おしゃれに着こなす肩掛けのやり方・結び方!アレンジ動画解説も!staff

関連記事