ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

32,225

ココ・シャネルの意志を継ぎ、魅力を増し続けるブランド「CHANEL (シャネル)」

高級ラグジュアリーブランドとして、知らない人はいないと言っても過言ではない「CHANEL(シャネル)」。そんな有名ブランドのシャネルは、もともと王室御用達などであった他の高級ブランドとは違い、孤児院出身のココ・シャネルが1代で高級ブランドの地位を築き上げています。その道のりは多くの書籍で取り上げられたり、映画にもなったりするほど非常に波乱万丈なものでした。

■シャネルの歴史

シャネルの始まりは1919年、パリにオープンした「シャネル・モード」という1軒の帽子屋でした。そこで扱われるシンプルでデザイン性の高い帽子は人気を得て、1915年にはビアリッツにクチュールハウスをオープン、さらに5年後にはパリにもクチュールハウスをオープンし、帽子から洋服へと徐々に規模を拡大させていきました。

さらに1921年になると、かの有名なシャネルの香水 「オードゥ・パルファムNo.5」が誕生します。世界的ベストセラーにもなったこの香水は、多くの女性たちの憧れの的になりました。マリリン・モンローが記者に「寝る時に身につけるものは?」と質問され、「No.5を数滴」と答えたエピソードは誰もが知るところでしょう。そして1924年にはシャネルの香水会社を立ち上げるまでにもなっています。

しかし第2次世界大戦が始まると香水とアクセサリーの店舗を残し、ブティックは閉鎖に追い込まれます。さらに様々な事情によりフランス国民からの非難を受けることになったココ・シャネルはスイスでの亡命生活を余儀なくされました。

第2次世界大戦が終わると1954年にパリのブティックを再開。翌年にはシャネル・スーツを発表しモード・オスカー受賞するなど、少しずつかつての栄光を取り戻していきます。その後、チェーンベルトバッグやバイカラーシューズなど現在まで受け継がれる名作を世に輩出し、1971年に87歳でこの世を去りました。

ココ・シャネル没後はシャネルの低迷期を迎えることになります。しかし1983年にカール・ラガーフェルドがアーティスティック・ディレクターに就任すると、シャネルは再び輝きを取り戻し現在のシャネルに繋がっていきました。

■シャネルの歴代デザイナー
□ガブリエル・ボヌール・シャネル

言わずと知れたシャネルの創立者で通称はココ・シャネル。ファッション界に多くの革命をもたらし、腰を締め付けるコルセットなしでも美しいシルエットのファッションを作りあげたことから「女性を解放した」とも言われています。また当時は喪服として使用されていた黒い服をファッションに取り入れた「リトル・ブラック・ドレス」はシャネル・モードの最高傑作と評され、黒を喪服の色からモードの色へと変えました。

しかし彼女の人生は輝かしい成功で順風満帆とはいかず、激動の人生を送っており、その生涯は数多くの本や映画などで取り上げられています。

□カール・ラガーフェルド

View this post on Instagram

#MademoisellePrive

A post shared by CHANEL (@chanelofficial) on

ココ・シャネルの没後シャネルのブランド力は大きく低迷してしまいますが、1983年にカール・ラガーフェルドがデザイナーにつくと次第にシャネルは輝きを取り戻し始めました。

カール・ラガーフェルドはピエール・バルマンやジャン・パトゥなどのオートクチュールメゾンを経て、クロエ、フェンディなどを渡り歩きシャネルのデザイナーに就任しました。彼の作りあげるアイテムの数々は、ココ・シャネルのスタイルに追従するのではなく、“あえて”ないがしろにしたものになっています。まさに温故知新の心で作りあげるアイテムの数々はシャネルを見事に復活させ、カール・ラガーフェルド自身も現在では「モードの皇帝」と呼ばれています。

□ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌ

彼女は1984年から1998年の間シャネルのジュエリー部門でデザイナーを務めあげました。名門貴族の出である彼女は幼いころからアクセサリー作りに興味を抱いていたと言われています。シャネルを去った後はディオールのジュエリー部門に就任しました。

□ピーター・フィリップス

ココ・シャネルの死後、メイク商品に力を入れ始めたシャネルで活躍したのがピーター・フィリップスです。2008年にメークアップ グローバル クリエイティブ ディレクターに就任した彼はシャネルのショーを手掛けたり、ネイルアイテムの505番「PARTICULIERE」をヒットさせたりと様々な功績を残しています。2014年からはディオールのクリエイティブ&イメージディレクターに就任しています。

□ルチア ピカ

2015年以降にメークアップ グローバルクリエイティブ&カラーデザイナーとして後任に選ばれたのがルチア ピカです。フリーランスで活躍していたメークアップアーティストだった彼女は、数々の著名なフォトグラファーとのコラボや広告キャンペーンなどに起用されキャリアを重ねてきました。2017年のSSには限定チークカラーの「コココード」を始めとした限定色、新色を発表していてこれからの活躍から目が離せません。

■シャネルのアイコンデザイン

□ブランドロゴ「CCマーク」

シャネルと言えばアルファベットのCが重なり合ったマークである、ブランドロゴを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。ココ・シャネルのイニシャルから取ったとも言われています。一目見ただけで誰もがシャネルだと分かる、シンプルながらもインパクトのあるアイコンデザインとなっています。

□マトラッセショルダーバッグ

ブランドロゴと同じくらいシャネルのアイコンデザインになっているのがマトラッセのショルダーバッグです。ダイヤの格子状にキルティング加工されたデザインは、もともと型崩れを防ぐ目的で使用されていたものです。しかし現在ではマトラッセのバッグを見ただけでシャネルだと思ってしまうほどのアイコン的存在となっています。

□カメリア

シャネルにおいてカメリアも代表的なデザインの一つです。これはシャネルの創業から比較的早い段階で生み出されたデザインで、ココ・シャネル最愛の人と言われているアーサー・カペルから送られた白い椿がモチーフとなっています。現在ではバッグやアクセサリーのモチーフなど様々な場面で見ることができます。

■4つの定番素材
□キャビアスキン

https://www.instagram.com/p/BZ50YoZjvNW/?utm_source=ig_web_copy_link

シャネルの定番とも言える素材で、牛革に細かい点状の型押しがされておりその見た目からその名がついたと言われています。キャビアスキンは他の革に比べ表面がしっかりしており、傷に強く丈夫な素材です。

□ラムスキン

シャネルの中でも比較的ポピュラーな素材で、生後1年以内の羊の皮革のことを指します。非常に柔らかく、マットな質感と手に馴染むような感触が特徴です。しかしその素材の特性上、傷や色落ちに弱く使用感が出やすいといった点には注意が必要です。

□エナメル

View this post on Instagram

#Details via @nicole_ontrend ❤️

A post shared by Billion Dollar Wishes (@billiondollarwishes) on

牛革に艶のあるエナメル加工が施されエレガントな印象のある素材です。発色も良くバッグや財布など様々なアイテムに使用されています。エナメルのアイテムは日焼けや熱に弱いという点に注意しましょう。黒色以外のエナメルを使用したアイテムをブリリアントラインと呼ぶこともあります。

□ナイロンジャガード

https://www.instagram.com/p/B7KCR6VHSGm/?utm_source=ig_web_copy_link

主に旧トラベルライン・ニュートラベルラインなどに使用される素材で、非常に軽く気軽に取り扱うことが可能な素材です。普段使いにもぴったりで、ニュートラベルラインではデザイン・カラー共にバリエーションが豊富になっています。

■シャネルのアイテムの特徴
□バッグ

View this post on Instagram

#Chanel boy bag ❤️ pic by @aliceangeliquevejen

A post shared by Billion Dollar Wishes (@billiondollarwishes) on

シャネルのバッグと言えば、ダイヤの格子状に縫われたキルティング模様が特徴的な「マトラッセ」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。このマトラッセを使用したマトラッセ・チェーンショルダーは、シャネルの中でも人気を集めており多くの人が憧れるアイテムの一つです。

□財布

https://www.instagram.com/p/B7xpEk5nqBO/?utm_source=ig_web_copy_link

シャネルの特徴的な素材の一つであるキャビアスキンが使用されている商品で、最もメジャーなのが財布ではないでしょうか。シャネルの財布の多くはこのキャビアスキンが使用されていると言っても過言ではありません。定番カラーの黒やベージュ、また赤や白といった少し派手な色のアイテムも高い人気を誇っています。

□時計

以前より「プルミエール」などの腕時計を発表していたシャネルですが、2000年に発表されたシャネルの時計「J12」は非常に衝撃的なものでした。このJ12にはそれ以前まであまり時計に使われることのなかったセラミックが使用されており、時計業界にセラミックブームを巻き起こすきっかけとなったのです。カジュアルなのに高級感があり、なおかつタフなJ12は、今多くの著名人や海外セレブにも愛される時計となっています。

□アクセサリー

View this post on Instagram

#ChanelCruiseCuba

A post shared by CHANEL (@chanelofficial) on

シャネルのアクセサリーにはプラチナやホワイトゴールドなどを使用したハイクラスのジュエリーラインもありますが、金メッキを使用したアクセサリーも数多く存在しています。これはココ・シャネルの「本物の宝石は密かに眺めて楽しむもの」という美学から来るもので、多くのアクセサリーでは金メッキが使われています。それ故にシャネルのアクセサリーはデザインやボリュームで高級感がありながらも、値段は抑えられており比較的入手もしやすくなっています。

■今も色あせることのないココ・シャネルの意志

シャネルの歴史は創業者であるココ・シャネルの歴史と言っても過言ではありません。激動の人生を歩んできたココ・シャネル作りあげたシャネルには、彼女の意志が多く詰まっています。ココ・シャネルの没後も様々な形で受け継がれる意志は、現在でも多くの人を魅了してやみません。是非シャネルのアイテムを手にとってココ・シャネルの想いを直に感じてみてはいかがでしょうか。

AXESで取り扱っているCHANELのオススメ商品!

CHANEL(シャネル)一覧はこちら

ココ・シャネルの意志を継ぎ、魅力を増し続けるブランド「CHANEL (シャネル)」Takashi -タカシ-

関連記事