ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

654

Tiffany&Co.(ティファニー)を支えてきた歴代デザイナーたちに注目!

Tiffany&Co.(ティファニー)といえば多くの女性が憧れを抱くアクセサリーブランド。「プレゼントにほしい」「自分へのご褒美に買いたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。今回はティファニーの人気を支えてきたデザイナーを一挙ご紹介。「王道・定番」から「前衛的・独創的」まで、デザイナーの個性が光るティファニーのアイテムを見比べてみませんか?

■多くの人が憧れるジュエリーブランドTiffany&Co.(ティファニー)


Original Update by Instagram

Tiffany&Co.(ティファニー)は1837年にチャールズ・ルイス・ティファニーによってアメリカで設立されました。当初はジュエリーではなく文房具や装飾品を扱うお店でしたが、人気を獲得すると共にダイヤモンドやシルバー、ゴールドなどを使ったジュエリーの販売を開始します。

ティファニーはその後も順調に成長を続け、1867年のパリ万博で米国メゾン初の賞を獲得。1878年には銀製品部門でグランプリ、ジュエリー部門でもゴールドメダルを獲得するなど、ヨーロッパでもその名を確かなものにしていきました。

1800年代後半にはすでにアメリカのトップブランドとして君臨していたティファニー。その勢いは創業者の死後もとどまることなく、多くの人の憧れとして現在まで続いています。2020年にはLOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)を筆頭に数多くの有名ブランドが参加するLVMHへ買収されたことで大きな話題となりました。

■ティファニーを支えてきた歴代デザイナーを紹介!


Original Update by Instagram

ティファニーの長い歴史の中でデザイナーを務めた人物は数多くいますが、ここでは中でも有名な4人を紹介します!

□フランチェスカ・アムフィテアトロフ


Original Update by Instagram

フランチェスカ・アムフィテアトロフは、2013年から2018年までティファニーのデザインディレクターを務めた人物です。就任後初のコレクションで発表した「ティファニーT」は今もブランドを象徴するデザインのひとつとなっています。

5年の任期中には「リターン トゥ ティファニー」コレクションの刷新にも携わり、その手腕と功績はラグジュアリー界で高く評価されました。現在はLOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)のジュエリー&ウォッチ部門のディレクターとして活躍しています。

「ティファニーT」はすっきりとしたラインがモダンな印象のコレクション。ここから派生した「Tスマイル」は笑顔の口もとを彷彿させる柔らかいデザインで、コーデに女性らしさをプラスできます。フラットなメタルプレートが特徴の「リターン トゥ ティファニー」は、ラフなコーデにも合わせやすく、若い世代にも人気があります。

□エルサ・ペレッティ


Original Update by Instagram

エルサ・ペレッティは元々ファッションモデルとして活躍していたこともあり、多くのデザイナーとの交流がありました。そんなエルサの大きな転機となったのが、交流のあったデザイナーのコレクションでジュエリーデザインを手掛けたこと。これがティファニーの目にとまり、1974年からデザイナーとして加わることになります。

エルサが生み出したアイテムといえば、「オープンハート」「ビーン」「バイザヤード」が有名。当時のジュエリーは装飾的できらびやかなデザインが多かったこともあり、比較的シンプルで繊細な曲線で表現されるエルサのデザインは「ジュエリーデザイン界に革命をもたらした」ともいわれています。

エルサの生み出したデザインは、完成から何十年という長い時間がたっているにも関わらず、今でも違和感なく美しさを維持しモダンであり続けているというのはすごいですよね!

□パロマ・ピカソ


Original Update by Instagram

天才画家パブロ・ピカソを父に持ち、幼いころから芸術家に囲まれて育ったパロマ・ピカソ。現在はジュエリーデザインを中心に手掛けていますが、デザイナーとしてのキャリア初期は衣装のデザインに携わっていました。ある時、Yves Saint Laurent(イヴ・サン・ローラン)でジュエリーデザインを担当すると、その才能がティファニーの関係者の目に留まります。

その後、1979年に開催された展示会に向けてテーブルセッティングをデザインするためにティファニーへ加わったパロマでしたが、翌年にはジュエリーコレクションを発表するほどに非凡な才能を発揮。ティファニーになくてはならない存在として、自身の名を冠したコレクションを築き上げました。

パロマのデザインしたアイテムといえば、パロマグラフィティシリーズの「ラビングハート」「X(キス)」やオリーブの木々をモチーフにした「パロマ・ピカソ オリーブリーフ」などが有名です。その繊細かつ大胆なデザインは日常使いにピッタリで、お仕事用アクセサリーとしても人気があります。

□ジャン・シュランバージェ


Original Update by Instagram

1900年代に活躍したジャン・シュランバージェは、デザイナーでありながら一時期は副社長として経営にも携わるなど、ティファニーの歴史を語るうえでは外せない人物です。

シュランバージェのデザインには、花、果物、動物など自然界のエレメントをきらびやかな装飾と独自の色彩感覚でジュエリーに落とし込んだものが多くみられます。それらのアイテムはジュエリーとしてはもちろん美術品としても注目を集めるなど、時代を超えて今も多くの人に愛され続けています。

■多くの女性が憧れるティファニーを要チェック!

コレクションごとに異なる魅力を持つティファニーのアクセサリー。どれも高級感と遊び心をバランスよく取り入れているので、大人の女性のコーデによくマッチします。個性豊かなデザイナーが生み出した名品で、いつものコーデにアクセントを加えてみませんか?

Tiffany&Co.(ティファニー)のアイテム一覧はこちら

Tiffany&Co.(ティファニー)を支えてきた歴代デザイナーたちに注目!Takashi -タカシ-

関連記事