ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

490

『夏空のパリから、ファッションスナップ』ヨーロッパ写真日和VOL.285

こんにちは、吉田タイスケです。今回は夏至も過ぎて本格的に夏が到来したパリから、ファッションスナップをお届けします。

青いローブも爽やかな、ヴァンドーム広場周辺を歩きます。

細身のスタイルに小物のスタイリングが目立っていたのは、モデルのターニャ。ファッションウィークのためにパリへ来ています。

大きめのショルダーバッグはディオール 。

ジーンズはカルヴァン・クライン。

靴はヴィンテージ。

指輪はロシアで購入したもの。

サングラスはセリーヌ 。

続いて白いハットも爽やかな、新聞を片手に歩いていたソフィーに声をかけました。ジャケットとインナーはIKKS。

日本で「フィガロ」はファッション誌ですが、元々はフランスで最も古い新聞社です。

シャネルのコンビの未来形のようなシューズは、ミュウミュウ。

バッグはエルメス、2021の新作。

パナマハットがお似合いです。日本の銀座シックスにも出店しているVALMONTというコスメティックメーカーのチーフの方でした。

ルイ・ヴィトン、ヴァンドーム店の前で、笑顔で応えてくれたのは、「写真を撮るなら履き替えるわ」とパンプスからヒールに変えてくれたナデージュ。さすがパリジェンヌです。シャツとスカートがバラバラのようですが、これは上下が別れていないPaulekのローブ。

バッグはルイ・ヴィトンのトート。

足元もヴィトンです。名前は出せない、某大手メゾンで働いているということでした。モノグラムで有名な、はい。

ジョギング中ですか?と思わず聞いてしまったのは、黒が似合うマリア。コスメティックの分析を仕事にしています。今日は「テレワークルック」。

バッグはイブ・サンローラン

足元はニューバランス。

今はランチの帰り道。これから自宅でまたテレワークをするところ。

キャップもサンローラン。

時計はロレックス。カジュアルだけどゴージャスなランチルックでした。

黒いワイドパンツがシックだったのは、インフルエンサーのアンナ。上下コーディネイトはBAD ICON。

バッグはPeco。

靴はGina Rossi。

サングラスはセリーヌ 。

コーヒーもモードです。サンローランカフェから。

彼の50歳の誕生日にパリに遊びに来たお二人。どうぞ良い一日を!

さて、スナップする人を探しながら歩いていると、向こうから10年来の友人ヌプールと偶然会いました(!)。普段はブリュッセルに暮らしているのですが、ファッションウィークのためにパリに来ているところだそう。世界は狭いですね。せっかくなので、撮影させてもらうことに。

バッグはクロコのヴィンテージに、エルメスのスカーフを。

アクセサリーにテーマはなく、自分が好きなものを身につけます。

アンティークのブローチ。

エスパドリーユの紐は、カラーリングを考えて自分で交換しています。

青いコートはバーバリー。普段はブリュッセル旧市街にある美術館、Foundation Frison Hortaの創設者として、複数のプロジェクトに関わっているヌプール。その美術館内で暮らす彼女の生活を、いつかこのブログでもご紹介できればと思います。

Foundation Frison Horta

今年は花柄のローブが多い中で、はっきりとしたストライプが目を惹いていたのは、弁護士事務所で働くマリー。ソルドの買い物中。

ヴィンテージのローブがお似合いです。

ユニークな足元はetam。

続いて、柱に寄りかかる姿が絵になっていたのは、ヴィジュアルマーチャンダイザーとしてACNE STUDIOで働くヴァレリー。身につけているもの全て、ACNEです。

結び目のようなデザインがユニークな、ACNEのMUSUBI。

足元もACNE。

夏らしいアクセサリーはLOVISA。

レトロ感のあるカラーリングとミニスカートがシックなのは、企業で財務管理の仕事をしているヴィクトリア。

バッグはLongchamp。

靴はAndrea Manueli。

歩いている姿がエレガンスそのものだったので、お声がけしたマダム。主婦のクリスティーヌ。レース部分が涼やかな黒いローブは、オーダーメイドで作ったもの。どおりでお似合いです。

バッグはGerard darel。

靴はCosmoparis。

襟元にはシンプルなクロスのネックレス。ギリシャのロードス島で見つけたもの。

腕時計はブルガリ。笑顔も素敵なマダムでした。

さて、最後はショップCosmoparisで店長として働いているラチェル。NafNafのブルーローブは海を思わせる色です。

靴はCosmoparis。

バッグも同上、Cosmoparisから。

店長ラチェルに、靴で今年よく売れているものを教えてもらいました。今年の夏はマニッシュな要素のあるサンダルが人気です。石畳の多いパリならではでしょうか。

他には、ちょっとデコレーションされたエスパドリーユなど。

思わず撮ってしまった店内の椅子。座っても噛まれませんのでご安心を。

以上、夏のパリから、今回もバリエーション豊かなファッションスナップをお届けしました。次回もスナップ、パリ・オートクチュールコレクションの会場からお届けする予定です。どうぞお楽しみに。

Coordination:Tomoko YOKOSHIMA

『夏空のパリから、ファッションスナップ』ヨーロッパ写真日和VOL.285Takashi -タカシ-

関連記事