ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

1,468

『ファッションに年齢は関係ない。パリのストリートスナップ』ヨーロッパ写真日和VOL.299

こんにちは、吉田タイスケです。今回もパリの街からストリートスナップ。各国から来てパリで働く人たちや87歳のお婆ちゃんまで、さまざまな人たちのファッションを撮影してきました。

一人目は16年間、ファッションコンサルタントとして日本で暮らしていたというアンヌ・マリー。ジャケットはMomoni、ジーンズはAcne。今日のコーディネイトのテーマは「冬色」で、スタイルはミックスさせることが好き。

「バカンス帰りなので冬でも陽に焼けているの」と嬉しそうでした。

バッグはA.P.C。

靴はGucci。

時計とカメリアモチーフのリングはChanel。初めて購入したChanelはこの時計で、いつでも身につけているそうです。

続いて、遠くから歩いてくる二人の色がバランス良く揃って見えたのは、ロシアから来てフランスで働いているヴィオレッタとアナスタジア。年末年始と働いていたので、今日は自分にプレゼントを探しに。

スパで働いているアナスタジア。カシミアのボネにジャケットはTara Jarmon、ローブはユニクロ、赤で揃えたベルトはMax Mara。ファッションアイコンはオードリー・ヘップバーン。

バッグはLancel。

靴はPRADA。

手袋はRoeckl。

左手、赤いコートが鮮やかなのはディレクターとして働くヴィオレッタ。コートはTara Jarmon、スカーフはMax Mara。好きなブランドはYves Saint Laurentでバッグとタキシードを持っています。タキシードはジャケットをジーンズに合わせて、日常使いもしているとか。かっこいいですね。

バッグはStaud。

ブーツはValentino。

続いて、モノトーンコーディネイトでも暗く見えないのは素材感か、足元に白があるからでしょうか。営業関係の仕事をしているルシル。カシミアのコートはThe Curated、マフラーはAcne、パンツはMango。ファッションのテーマはリラックス感があって、シックな装いであること。

好きなブランドはセリーヌ。クオリティとデザインが気にいってる。

カード入れもセリーヌで揃えています。

セリーヌのどこかレトロさを感じる凱旋門モチーフによく合っている、ネックレスと指輪の組み合わせはPascale Monvoison。

足元はコンバース。

続いて、ブランドは違えどバッグのシルエットが似ていたのは弁護士のお二人。左からエリーズとクラリス。花柄トートを持っているエリーズのコートはSandro、ジーンズはLevis。右のクラリスが着ているショートトレンチっぽいコートは&Other Stories、ジーンズはRouje。

二人とも今日のコーディネイトのテーマはリラックスと言っていました。今日はこれから遅いランチへ出かけるところ。

クラリスのバッグはA.P.C。

靴はSandro。

エリーズのバッグはDior。伝統がありながら、モダンでもあるところが好きなところ。

靴はJonak。

続いて、南仏モンペリエからパリで暮らす彼に会いに来ていたのは、中国語の教師になるべく勉強している学生のキャロル。

今日のコーディネイトのテーマは単純に「歩きやすさと暖かさ」と話していましたが、いやいやどうして、乗馬を思わせるスリムジーンズにロングブーツ、それに合わせるキルティングベストもバーバリーも、「上質な英国感(カントリーサイド)」溢れてます(勝手なイメージです)。コートはBurberry、ベストはTommy Hilfiger、ジーンズはH&M。

バッグはFendi。

ロングブーツを綺麗に履くコツはパンツならスリム、スカートならブーツを隠さない丈で履くことだそうですが、それだけとは思えません。やはり脚の長さと細さでしょうか!?ブーツはChevignon。

続いては、なんと今日が87歳のお誕生日!というニコルお婆ちゃん。この街で生まれ、かつてはパリ7区で本を売る仕事をしていたそうです。コートはMax Mara。

華を添える赤いバッグはLongchamp。

好きなブランドはなんですか?という質問には「リュクスなものなら何でも好きよ!」と笑いながら、「私たちの時代はやっぱりシャネルね」と話していました。

そして「今日はお洒落をしているから」と今でもヒールを履かれるんです。パリジェンヌのエレガンスは健在ですね。

メガネはシャネル。87歳とはお見受けしないチャーミングなマダムでした。

続いては、ベージュが明るい印象のソレーヌ。パリでコンサルタントとして働いています。

コートはイタリアで購入したヴィンテージ。

バッグはBurberry。

インナーのカラフルなローブはMaje。

帽子とブローチは両方ともChanelで別々に購入したもの。ワンポイントロゴが良いですね。前から欲しかったシャネルバッグを今年こそ買うと決意していて、もう色も決めてると話していました。

さて、最後は明るい色のバッグが春らしかったディレクターのカリーヌ。ジャケットはSandro、ローブはMichael Kors。

バッグはCoach。髪の色も含め、全体のブラウンとイエローの組み合わせが絶妙です。

靴はTamaris。

素材感が違うと思っていたら、ジャケットは本物のウサギ毛皮でした。今日はパートナーの誕生日で、ホテルで食事をしてきた帰り道。コーディネイトはいつも素材と色の組み合わせで考えています。というわけで、今回は誕生日関連の人が二組もいた、おめでたいストリートスナップでした。次回も引き続きパリからお届けする予定です。どうぞお楽しみに。

『ファッションに年齢は関係ない。パリのストリートスナップ』ヨーロッパ写真日和VOL.299Takashi -タカシ-

関連記事