ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

1,352

ヨーロッパ写真日和VOL.71『ポルトに来たら、一度はしてみたいこと』

071_001

こんにちは、吉田タイスケです。今回も、ポルトガルは港町ポルトから。川下りに続き、人生で少なくとも一度はポルトでしておきたいことシリーズです(←そんなシリーズありません)。

071_002

船で川下りをしたら、ポルトへの帰り道は電車旅。窓から眺めるドウロ川沿いの眺めに癒されます。

071_003

途中のほぼ無人駅が、これまた可愛い。

071_004

POCINHOという駅構内の花壇。バラのアーチの中に金魚です。水彩画とか、描きたくなりますね(?)。

071_005

乙女心くすぐるタイル、アズレージョ。古くは15世紀から現在まで、ポルトガルではアラブ世界から伝わった、アズレージョと呼ばれるタイルによる装飾が盛んです。

宮殿や教会は元より、アパートや商店の壁、鉄道の駅などあらゆる場所で、このアズレージョに出会います。装飾タイルの模様、絵柄はそれぞれの時代を反映していて、この駅舎の場合はそうですね、だいたい20世紀半ばかと、、←適当。

071_006

ポルトの町並みから、サント・インデフォンソ教会。

071_007

この交差点を通る度、鮮やかな色に目を奪われます。壁が全て青いアズレージョで覆われたアルマス聖堂。空の青が映っているかのようですね。

071_008

世界で最も美しい駅のひとつに数えられる、ポルトのサン・ベント駅。二万枚に及ぶアズレージョで壁面が飾られています。

071_009 071_010

ポルトガルの歴史を描いたアズレージョを含む駅舎は、世界遺産にも指定されています。こちらの写真は15世紀の大航海時代を切り開いた、エンリケ航海王子によるセウタ攻略時のアズレージョ、、、って、エンリケ王子の顔が切れてますけど。王子様すいません!お許しを。

071_011

2万枚のアズレージョを堪能した後は、ドウロ川の岸辺を歩きましょう。もし、自分の好きに夕暮れ時を選べるなら、5月の木曜日はポルトの岸辺でのんびりしていたいです。

071_012 071_013 071_014

ポルトガル発祥の地、交易の町ポルト。ここに来たら一度はしてみたいこと。葡萄畑の川下り、電車旅、アズレージョに出会って、岸辺を歩きました。

次回はパリに戻って、3月に開催されたパリコレの様子をお伝えします。どうぞお楽しみに。

ヨーロッパ写真日和VOL.71『ポルトに来たら、一度はしてみたいこと』axesedit

関連キーワード

関連記事