ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

361

バッグが雨に濡れたらどうしたら良い?適切なお手入れが大切!

雨の日は傘をさしていてもどうしても服やカバンが濡れてしまうもの。そんなときに気をつけなければいけないのが、濡れてしまったバッグのお手入れです。適切なお手入れをしないまま放置していると、素材によってはシミやヨレの原因に……。そこで今回は、バッグのお手入れについて素材別に解説します。

■革製のバッグが濡れたときの対処法は?


Original Update by Instagram

丈夫さと上品さを兼ね備えている革製バッグは、ビジネスから普段使いまであらゆるシーンで使えるアイテム。しかし、革はとてもデリケートなのでお手入れが難しく、濡れたまま放置しているとシミや型崩れ、ひび割れなどが発生しやすくなります。そのため、少しでもキレイな状態をキープするためには、適切な方法でお手入れをすることが重要です!

□革製のバッグが濡れてしまったら……

革製のアイテムが濡れてしまった場合は、すぐに乾いている柔らかい布やタオルで優しくおさえるように水気を拭き取りましょう。こすったりたたいたりすると色落ちや傷の原因となってしまいます。

□シミができてしまうほど濡れた場合のお手入れ

もしシミができてしまうほど濡れてしまった場合は、完全に乾燥する前に軽く水拭きをしてシミが目立たなくなるように水分をなじませます。濡らしすぎると革が傷んでしまうため注意が必要です。全体の色味が均一になったら、乾いたタオルで水気を拭き取ります。

その後、中に新聞紙や乾いた布を入れ、風通しの良い場所で時間をかけて乾燥させましょう。乾くまでに少し時間がかかりますが、ドライヤーなどで急激に乾かすのはひび割れの原因となるので控えましょう。

□保湿や事前のケアも重要!

バッグが乾燥しきる前にメンテナンスオイルで保湿するのがオススメ! ただし、オイルのつけすぎもシミの原因となるので、表面がややしっとりするくらいまで少しずつ塗りひろげましょう。

また、雨の日に革製のアイテムを使うのであれば、事前に防水スプレーなどでケアをしておくのも大切! ただし、スプレーの使いすぎは革の劣化にもつながるため、雨の日に1回など適度に使うのがポイントです。雨と上手に向き合いながら、オシャレを楽しんでくださいね。

特徴的なフォルムが目を引くレザーバッグです。深みのあるカラーリングで、カジュアルからキレイめまで幅広くマッチします。底マチや内ポケットがついているので、機能性も抜群です。

商品詳細はこちら

緩やかなラウンド型が女性らしさを感じさせてくれるショルダーバッグ。マチが広く立体的なフォルムで、見た目以上の収納力を備えています。上品さがあり、さらっと合わせるだけでもコーデの格上げができるアイテムです。

商品詳細はこちら

■合成皮革のバッグが濡れたときの対処法は?


Original Update by Instagram

合成皮革製品は革のような高級感がありながら丈夫で水に強く、普段使い用のメインバッグとして活躍してくれるアイテム。しかし、いくら合皮が丈夫でも、経年劣化や加水分解によるひび割れ、縫い目からの浸水などで傷んでしまうことも。本革ほど神経質にお手入れをする必要はありませんが、しっかりとケアをすることが大切です。

合成皮革のバッグが濡れてしまったら、本革のバッグと同様に水分を乾いた布やタオルで優しく拭き取るのが基本。その後、風通しの良い場所で乾燥させます。乾燥させる際は、縫い目やファスナーからの浸水や型崩れのケアとして、丸めた新聞紙などを中に入れておきましょう。合皮もドライヤー等の熱器具を使わず自然乾燥させるのがポイントです。

シンプルで使いやすいフォルムにサークルロゴがお洒落なアイテム。大きめのサイズ感やバッグインポーチつきで機能性も高く、デイリーからビジネスまで使える万能なトートバッグです。

商品詳細はこちら

ブランドらしい鮮やかなカラーリングが目を引くアイテム。上品なツヤのあるフェイクレザーがラグジュアリー感を演出します。開口部は巾着型になっているので絞って閉じることができ、プライバシーの確保もできます。

商品詳細はこちら

■ナイロン素材のバッグが濡れたときの対処法は?


Original Update by Instagram

ナイロン素材のアイテムは、軽くて水濡れに強いので雨の日用のバッグにピッタリ。 雨に濡れてしまった場合は水分を拭き取り、よく乾燥させるだけでOK! しかし、拭き取れば汚れが落とせるレザーや合皮製のバッグに比べて、シミや汚れがつきやすいのがナイロンバッグの悩みどころ。

ナイロンバッグの汚れを落とすには、汚れの程度や原因ごとに適した手入れをすることが大切です。軽い汚れであれば、バッグの表面を軽くブラッシングするだけで落とせる場合もあります。ナイロンの表面を傷つけないように優しくたたくようにブラッシングしましょう。

ブラッシングで落ちない汚れは、商品表示に従って洗浄を試してみてください。ベーシックなのは薄めた中性洗剤を染み込ませたタオルで軽くたたいた後、水で濡らしたタオルを使って洗剤を拭き取り、バッグの形を整えて風通しの良い日陰で乾燥させる方法です。

これでも落ちない汚れは、薄めた洗剤液に浸して押し洗いを試してみましょう。汚れが取れたら水で押し洗いをしながら洗剤を落とし、乾いたタオルで水分を取ってから形を整えて風通しの良い場所に干します。自宅でも挑戦できる方法ですが、大切なバックの色落ちや型崩れが不安な時はバッグクリーニングのプロに任せることも検討してみてくださいね。

プラダらしいナイロン素材のバックパック。カジュアルな印象になりやすいナイロンですが、ブランドのトライアングルロゴやメタルのバックルがラグジュアリー感を演出してくれます。

商品詳細はこちら

カジュアルに使いやすいコンパクトなデザインが魅力のウエストバッグです。くすみレッドがコーデの差し色としてアクセントに。フロントのポケットも大きめで収納力もばっちりです。

商品詳細はこちら

■お手入れ方法を覚えてバッグを長くキレイに使おう♪

素材ごとのバッグのケア方法はいかがでしたか? 突然の雨で濡れてしまってお気に入りのバッグが汚れてしまっても、今回紹介したお手入れ方法でケアすればキレイな状態を長くキープすることができるはず。

梅雨や夏場のゲリラ豪雨などで濡れてしまう前に、防水対策をしておくことも忘れずに! 正しいケアを覚えて、お気に入りのバッグをたくさん活躍させてあげましょう♪

海外ブランドのバッグ一覧はこちら

バッグが雨に濡れたらどうしたら良い?適切なお手入れが大切!Takashi -タカシ-

関連キーワード

関連記事