ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

9,287

クリスマスカラーを意識したアイテムでホリデー気分を満喫しよう!

12月に入り、いよいよ待ちに待ったクリスマスが近づいてきました。街路樹や建物がイルミネーションで彩られ、いたるところでクリスマスソングが流れているなど、なんとなく街全体が明るく温かいムードに包まれる季節ですね。

そんなこの季節のムードを100%味わいたいなら、ファッションにも赤や緑といったクリスマスカラーを取り入れるのがおすすめ。そこで今回は、クリスマスカラーのイチ押しアイテムをご紹介します。

■クリスマスカラーにはそれぞれ意味がある

その前に、意外と知らないクリスマスカラーの意味について少しお話ししましょう。クリスマスカラーには赤、緑、白、ゴールドなどがありますが、実はこれらの色にはそれぞれ宗教的な意味が込められています。

□赤

「キリストの血」

サンタ服にも使われ、クリスマスを象徴する色の代表である赤は「キリストの血」を表すキリスト教のシンボルカラーです。それだけ聞くとなんだか物騒な感じがしますが、ここでいうキリストの血とはキリストがすべての人の罪をかぶって流した血のこと。すなわち、赤色には神の「愛と寛大さ」という意味が込められているのです。

□緑

「力強さ」「永遠の命」

クリスマスのシンボル、クリスマスツリーにはモミの木などの常緑樹が使われるのが一般的。これは、冬の間も緑を保つ常緑樹が強い生命力の象徴と考えられているからです。転じて、緑色には「力強さ」「永遠の命」といった意味が込められるようになりました。

□白

「純潔」「潔白」

雪が降ったときのクリスマスは「ホワイトクリスマス」などと呼ばれ、ロマンチックなムードを高めてくれるシチュエーションとして好まれていますね。そんな雪のような白のもつ意味は、「純潔」「潔白」。身に付ければよりいっそう魅力的な女性になれるかも?

□ゴールド

「高貴」「希望」「大切さ」

ゴールドはクリスマスツリーの頂上に飾る「トップスター」の色。トップスターは、キリストが生まれたときに現れたとされる「ベツレヘムの星」を模したものだそうです。そのため、ゴールドにはキリスト誕生にちなんだ「高貴」「希望」「大切さ」という意味が込められています。

■あふれる愛を表現できる赤のアイテム

@longchampがシェアした投稿

赤いアイテムはクリスマスムードを高めてくれるとともに、暗くなりがちな冬のコーディネートをパッと明るくしてくれます。また、先にお伝えした通り、赤がもつ意味は「愛と寛大さ」。大好きな彼とのデートには、真っ赤な小物を身に付けていくと愛が伝わるかもしれません。

■木々の力強さを感じさせる緑のアイテム

芯のある女性を演出したいなら、木々の力強さを感じさせる深い緑をコーディネートに取り入れてみましょう。緑が似合う自信がないという方でも、「小物でさりげなく」なら気軽に取り入れられるはず。

■ピュアな魅力を引き立てる白のアイテム

無垢で清楚な女性を演出したい時に、大活躍するのが白のアイテム。いろんなコーディネートにマッチし、一年中使えるので一つは持っておきたいですね。

■高貴なイメージを演出できるゴールドのアイテム

gorjanaさん(@gorjana)がシェアした投稿

「クリスマスはいつもより贅沢なディナーデートをする予定」という方も多いのでは? 
そんなときは、高貴なイメージのゴールドを取り入れてちょっぴり大人なコーディネートに仕上げるのが◎。華やかな色なので、パーティーシーンにも活躍してくれること間違いなしです。

クリスマスムードを高めてくれるカラーを身にまとえば、この冬のお出かけがより楽しくなること間違いなし! デートやパーティーには、ぜひクリスマスカラーのアイテムを身に付けて出かけてみてくださいね。

▼クリスマスプレゼントをお探しの方はこちら
クリスマスカラーを意識したアイテムでホリデー気分を満喫しよう!Takashi -タカシ-

関連記事