ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

838

髪の日焼け対策!紫外線から頭皮と髪を守るおしゃれアイテムを厳選

気持ちの良い天候で外でのレジャーも楽しい春。紫外線対策はしっかりできていますか?「日焼け止めを塗っている」という方でも意外と見落としがちなのが「髪」の日焼け。今回は紫外線対策として使える、おすすめのアイテムを紹介します! おしゃれも楽しみながら対策できる便利なアイテムばかりなのでぜひ参考にしてみてくださいね。

■春の紫外線は意外と強い!


Original Update by Instagram

皆さんは春の紫外線が意外と強いことをご存じでしょうか? まだ夏は先ですが、実は紫外線量は3月頃から急激に増え始め、5月ごろにはピーク時(7月)の9割の紫外線が地上に届くと言われています。

夏に比べると油断してしまいがちな時期ですが、紫外線対策は早めに始めるのが吉。特に直射日光を受けやすい髪や頭皮は紫外線ダメージの影響が出やすい部分です。髪は一度ダメージを受けてしまうと完全に修復するのは難しいので対策を徹底しましょう。

◎紫外線による髪・頭皮のダメージ

紫外線のダメージを受けると髪のタンパク質の結合が切れ、髪のパサつきや枝毛、切れ毛につながるほか、カラーの退色が早くなるなどおしゃれにも悪影響が。さらに、髪が傷んでいるとツヤが失われ、実年齢より年上にみられてしまうことにもなります。頭皮がダメージを受けると薄毛や白髪の原因にも……。

これらを避けるためには、髪や頭皮に直射日光が当たらないようにすることが重要です。外出時は帽子や日傘でガードしましょう。夏フェスなど長時間屋外で過ごすシーンにはフード付きのタオルもオススメです。

紫外線の当たる面積を減らすためには三つ編みなどのヘアアレンジで出かけるのも◎ 髪にも使える日焼け止めスプレーなども活用して、おしゃれと美髪キープを両立しましょう!

■髪の紫外線対策は「帽子」が手軽!


Original Update by Instagram

髪や頭皮の紫外線対策としては帽子をかぶるのが最も手軽です。帽子をファッションの一部としてうまく取り入れましょう。つばの広いバケットハットは顔周り全体をカバーできるので、夏に備えてひとつは用意しておきたいアイテム。

ここではおしゃれも紫外線対策も同時にできる、ハイブランドの帽子を紹介します! 帽子はバッグなどのアイテムと比べて比較的手頃な価格で購入しやすいので、普段ハイブランドアイテムをあまり持たない方もぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

ツバがぐるっと付いていて、深くかぶることもできるPRADA(プラダ)のバケットハット。
芸能人やインフルエンサーにも愛用者の多い人気アイテムです。シンプルなトライアングルロゴ入りでどんなコーデにも合わせやすいのがポイント!

商品詳細はこちら

色褪せたようなヴィンテージ感のある風合いがおしゃれなバケットハット。カジュアルな雰囲気ですがおなじみのトライアングルロゴがポイントになり高級感がプラスされます。

商品詳細はこちら

VIVIENNE WESTWOOD(ヴィヴィアンウエストウッド)のハットはシックなカラーにメタルオーブが引き立つデザイン。被ると内側の柄がちらっと見えるのもおしゃれなポイントです。

商品詳細はこちら

フリンジのデザインがコーディネートのアクセントになるFENDI(フェンディ)のハット。ロゴ部分はしっかり刺繍になっていて細部までこだわったデザインが素敵です。男女問わず着用できます。

商品詳細はこちら

爽やかなカラーリングがMARNI(マルニ)らしいバケットハット。夏フェスなどの野外イベントにピッタリなデザインです。サイドに縫い付けられたブランドタグも魅力的。

商品詳細はこちら

シンプルながら夏のコーディネートに映えるクラウンハット。きらりと光る小さなブランドロゴが◎。つばが広く、深く被れるため小顔に見せられるのも嬉しいポイントです!

商品詳細はこちら

A.P.C.(アーペーセー)らしいフレンチシックなコーデに合うロゴキャップ。メンズ仕様ですが、ベルトでサイズ調節も可能なので女性の方にも。

商品詳細はこちら

海外ブランドの帽子一覧はこちら

■サングラスのオススメアイテム


Original Update by Instagram

目も紫外線によるダメージを受けやすいパーツ。目の保護のために紫外線の強い時期は外出時にサングラスをかけるのがオススメです。海やプールなどのレジャー、キャンプなどのアウトドアを楽しむ際は、帽子と合わせてぜひサングラスも持って行きましょう。

明るめのレンズは肌なじみが良く、普段サングラスをかけない方にも違和感なくなじみます。色で迷ったらグレーやブラウンなど、コーデに干渉しないベーシックな色を選びましょう。

強い印象になりがちなサングラスですが、細めのフレームと優しいカラーで柔らかい印象を演出してくれます。サイドにさりげなくGUCCI(グッチ)のロゴがデザインされており高級感も◎

商品詳細はこちら

太めフレームと深めの色のレンズでカッコよく決まるBOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)のサングラス。カジュアルな服装によくマッチし、コーデを引き締めてくれます。

商品詳細はこちら

海外ブランドのサングラス・アイウェア一覧はこちら

■帽子とサングラスを味方につけて春夏のレジャーを楽しんで♪

夏に向かってどんどん紫外線量が増えていくこの時期。外出時はおしゃれな帽子とサングラスをコーデに取り入れて、スタイリッシュに対策しましょう。

「帽子のおしゃれなかぶり方がわからない」「サングラス選びに自信がない」とお悩みの方はぜひ過去の記事もチェックしてみてくださいね。

» イマドキなバケットハットのかぶり方!

» 似合う「サングラス」の選び方!あなたにおすすめのブランドは?

髪の日焼け対策!紫外線から頭皮と髪を守るおしゃれアイテムを厳選Takashi -タカシ-

関連記事