ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

366

GIVENCHY(ジバンシィ)のファン層は?バッグの魅力を解説!

モード系ファッション好きな方から支持を集めるGIVENCHY(ジバンシィ)。最近はコスメやフレグランスが若い世代に人気ですが、元々アパレルやバッグにもファンが多いラグジュアリーブランドです。今回はそんなジバンシィの歴史、ファン層やコーデのポイントをおすすめのバッグとともに紹介します!まだジバンシィのアイテムをお持ちでない方も参考にしてみてください♪

■GIVENCHY(ジバンシィ)ってどんなブランド?


Original Update by Instagram

「ラグジュアリーストリート」の筆頭ブランドとして現在男女問わず親しまれているGIVENCHY(ジバンシィ)。1952年にユベール・ド・ジバンシィによって設立されたファッションブランドです。

創業前に数々の有名メゾンを渡り歩き、デザイナーとしてのセンスを磨いたジバンシィ。
1951年に自身初のコレクションを発表すると、その斬新なデザインが評価され「モードの神童」として名を轟かせました。

当時は女性の身体のラインを活かした「ニュー・ルック」の全盛期でしたが、ジバンシイは着る人の動きを制限しない、ゆったりとしたシルエットの「シュミーズドレス」を提案。端正で機能的な彼のデザインは多くの女性の期待にマッチし、国境を越えてファンを獲得します。

あのオードリー・ヘップバーンも彼の斬新なデザインを愛したファンの一人。主演映画『麗しのサブリナ』や『ティファニーで朝食を』にもジバンシィのデザインした衣装が使われました。


Original Update by Instagram

ジバンシィは2018年に91歳でこの世を去りましたが、彼の残したブランドとそのクリエイティブは後任デザイナーたちの手によって今も磨かれ続けています。

1995年の引退直後に後任として指名されたのは、イギリス人デザイナーのジョン・ガリアーノ。しかし、そのわずか一年後の1996年、ジョンがDIOR(ディオール)に起用されたことにより、アレキサンダー・マックイーンに交代しました。その後のディレクターには、現在BURBERRY(バーバリー)で活躍中のリカルド・ティッシや、メーガン妃のウエディングドレスをデザインしたことで知られるクレア・ワイト・ケラーらが名を連ねています。

■ジバンシィのアイコン「4G」とは?


Original Update by Instagram

アパレルや革製品のほか、香水や化粧品、メンズラインも大人気のジバンシィ。若々しくてスポーティーなファッションを好む20代~40代の男女が主なファン層です。

ブランドアイコン「4G」はアルファベットの「G」を鏡に映したように並べたデザインで均整のとれた美しい配置にブランドらしさが感じられます。2021年4月には、現ディレクターであるマシュー・M・ウィリアムズによってこのロゴが再構築され、新アイコンバッグ「4G」シリーズも誕生しました。

■ジバンシィの注目シリーズ4選


Original Update by Instagram

「4G」以外のバッグも名品ぞろい。ここでは今大注目のシリーズを見ていきましょう。

「カットアウト」はマシュー・M・ウィリアムズが手掛けた初のユニセックスハンドバッグ。ブランドロゴのGのキューブチェーンがゴージャスな印象です。Y2Kファッションの流行で人気に火が付いたホーボー型の「ムーンカットアウト」にも注目です。

「キャンバスGトートバッグ」はシンプルなボディの中央にロゴが映える日常使いにピッタリのアイテム。高級感もあってコーデをほどよく格上げできます。

ウエストポーチやバックパックなどスポーティーで男女問わず使いやすいのが「エッセンシャルU」シリーズ。普段使いしやすいので常に人気のシリーズです。

ジバンシィを語るうえではボストン型のバッグ「アンティゴナ」も外せません。洗練されたデザインと収納力が魅力で、海外セレブがプライベートで使用している姿も多数キャッチされています。アンティゴナのディテールを反映した財布などの小物も人気ですよ。

4Gロゴの型押しレザーにプリントロゴを重ねた高級感あるアイテム。コンパクトなサイズ感で普段使いからパーティーシーンまで幅広く使えます。

商品詳細はこちら

モノトーンとかっちりとしたスクエアシルエットがクールな一品。手持ちと斜め掛けの2WAYでの使用が可能で、カジュアルに使いやすいキャンバス地を採用しています。

商品詳細はこちら

コンパクトなサイズ感ながら、マチがしっかりあるので見た目以上にモノを収納できます。カジュアルからきれいめまで、幅広いコーデにマッチします。

商品詳細はこちら

ベーシックなフォルムでシンプルに使いやすいバックパック。メタルロゴをあしらっているので高級感もあり、差がつけられるアイテムです。男女問わず使えて、普段使いもしやすいデザインなので、プレゼントにも◎。

商品詳細はこちら

洗練されたデザインと丈夫なつくりで長く使用できるバッグ。いつものコーデを格上げしたい方にオススメです。

商品詳細はこちら

■モードスタイルに欠かせないジバンシィ

世代や性別問わず世界中で愛されているジバンシィは、長く愛用できるアイテムが多いのも魅力です。今回紹介した定番シリーズのバッグは機能性も高く、どなたでも使いやすいものばかり! ぜひジバンシィのアイテムで洗練されたモードスタイルに挑戦してみてくださいね♪

GIVENCHY(ジバンシィ)のアイテム一覧はこちら

ジバンシィのスタイルが好きな方には、同じくラグジュアリーストリートのトレンドをけん引するBALENCIAGA(バレンシアガ)も人気です。

BALENCIAGA(バレンシアガ)のアイテム一覧はこちら

Saint Laurent(サンローラン)はモードファッションの代表格であり、そのクールでセクシーなアイテムはジバンシィと近しいものを感じます。それぞれのアイテム同士を合わせたコーデにしてもテイストがマッチしてステキです。

Saint Laurent(サンローラン)のアイテム一覧はこちら

Maison Margiela(メゾン マルジェラ)もモード好き御用達のブランド。過去のアーカイブから要素を取り出し、新作に落とし込んでブランドらしさを追求している点がジバンシィとの共通項ではないでしょうか。

Maison Margiela(メゾン マルジェラ)のアイテム一覧はこちら

気になるブランドはぜひ一度アイテム一覧をチェックしてみてくださいね!

GIVENCHY(ジバンシィ)のファン層は?バッグの魅力を解説!Takashi -タカシ-

関連記事