ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

5,425

健康的なセクシーさが魅力のGUESS(ゲス)で、新しいデニムスタイルに挑戦!

アメリカの鉱山で働く男たちの作業着であったジーンズ。1955年の映画「理由なき反抗」でジェームズ・ディーンがジーンズをはいていたことから、アメリカの若者の間で爆発的に流行し、「反抗的な若者の象徴」としてみられていました。現在でも、動きやすく丈夫でカジュアルなデニム素材はさまざまな形でコーディネートに取り入れられています。
数あるブランドの中でも、デニムアイテムを代名詞としているのがアメリカのアパレルブランド「GUESS」です。

GUESSさん(@guess)が投稿した写真

GUESSさん(@guess)がシェアした投稿

■ジーンズブランドとして創業、海外セレブにも人気のGUESS

1981年に、アメリカのカルフォルニア州で創業されたGUESS。もともとジーンズブランドとして創業され、これまでに数々のデニムコレクションを発表。アメリカだけでなく世界中で展開するグローバル・ライフスタイルブランドとして成長しました。1年中温暖な気候から開放的でゆったりとしたアメリカ西海岸のファッションスタイルにヨーロッパのセンスを加えたGUESSのコレクションは人気を呼び、さまざまなセレブが日常的にGUESSブランドを愛用しています。「YOUNG、SEXY、ADVENTUROUS」という3つのキーワードをブランドコンセプトとしており、洗練されたセクシーな広告はトップモデルの登竜門ともいわれています。

GUESSさん(@guess)が投稿した写真

日本では2005年に1度撤退していたGUESSですが、2014年に再上陸。原宿に1号店をオープンさせると、続々と店舗を増やし、現在では通販サイトなどでも高い人気を誇っています。


ゲス バッグ GUESS AH1A7A27 CLUTCH BAG クラッチバッグ MBL

▼GUESSデニム素材クラッチバッグ一覧はこちら
https://goo.gl/5t3F9g

■リーズナブルな価格で新しいスタイルにも挑戦しやすい

GUESSの代名詞でもあるデニムを取り入れたコーディネートは今年も流行しており、スキニーデニムやダメージジーンズ、デニムシャツやデニムジャケットなど、さまざまなアイテムが販売されています。
かっちりとしたスタイルであっても、デニムを取り入れるだけでスッと肩の力の抜けたカジュアル感を演出することができます。また、コーディネートにラフさやカジュアルな女性らしさを出したいのであれば、ダメージジーンズを取り入れてみてください。コーディネートに甘すぎないセクシーさをプラスできます。トップスを主役にしたいときや全体的にシンプルにまとめたいときにはスラリとしたスキニーデニムがおすすめ。ピタッとしたトップスにワイドデニムパンツやロングデニムスカートでボトムスにボリュームを出せば、メリハリのあるきれいなシルエットにすることも。流行のボヘミアンスタイルも、デニムならば簡単に取り入れられます。カジュアルにコーディネートに取り入れられるデニムは、まさに万能アイテムといっても良いでしょう。

GUESSさん(@guess)が投稿した写真

GUESSの最大の魅力といえば、何といってもリーズナブルな価格。高級感漂うデザインのアイテムでも手が出しやすい価格帯で、そのクォリティーの高さには驚くほど。使い勝手の良いベーシックなアイテムから、遊び心のあるデザインのアイテムまで幅広く展開しており、「ちょっと冒険してみようかな」といった際にもチャレンジしやすいブランドといえます。流行のスタイルも取り入れやすいGUESSで、ぜひ新しいデニムファッションに挑戦してみましょう。

▼GUESS一覧はこちら

健康的なセクシーさが魅力のGUESS(ゲス)で、新しいデニムスタイルに挑戦!axesedit

関連記事