ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

274

この夏、HELEN KAMINSKI(ヘレンカミンスキー)の“ラフィア”から目が離せない!

オーストラリア生まれのライフスタイル・アクセサリーブランド「HELEN KAMINSKI(ヘレンカミンスキー)」。天然素材のラフィアを使用したハットやバッグは、上品で高級感が漂い、多くの海外セレブも愛用しているのだとか。

今回は、HELEN KAMINSKI(ヘレンカミンスキー)が人気の理由と定番アイテムを紹介します。

■HELEN KAMINSKI(ヘレンカミンスキー)ってどんなブランド?


Original Update by Instagram

HELEN KAMINSKI(ヘレンカミンスキー)は、1983年にオーストラリアで創業されたブランド。創業者のヘレンカ・マリー・カミンスキーが、オーストラリアの強い日差しから自分の子供たちを守るために、ラフィア素材を使用したハットを手作りしたことからスタートしました。

ヘレンカミンスキーの原点となるラフィアハットは「Classic5」と名付けられ、VOGUEのファッションエディターの目に留まったことをきっかけに瞬く間に世界中に広がります。創業からわずか1年後には、ラフィアの栽培地であるマダガスカルに工房を設立し、最初のラフィア製バッグ「Sac(サック)」や丸めて持ち運べるハット「Provence(プロヴァンス)」シリーズなど次々にコレクションを展開。さらに、2023春夏コレクションからは、新カテゴリーとしてフットウェアが仲間入りするなど、新しい領域にも挑戦を続けています。

ヘレンカミンスキーのハットは、ファーストレディのヒラリー・クリントンも着用したことで有名で、世界の名だたるセレブリティーからも熱い支持を受けているアイテム。SDGsの時代にもぴったりな天然由来のラフィアを素材に、伝統技術を用いて手作業で仕上げた機能的なアイテムの数々は高い国際的評価を得ています。

■ブランドを代表する“ラフィア”の魅力


Original Update by Instagram

ラフィアは、ラフィア椰子の葉から採れる天然繊維のこと。アフリカやアジアの熱帯地域に生息していますが、なかでも一級品とされるのがマダガスカルに育つラフィアです。ヘレンカミンスキーは、このマダガスカルのラフィアを探し当て、最初の工房をマダガスカルに構えました。

ラフィアの魅力は、皮革素材のように使い込むことで味が出る経年変化。ラフィアの葉に含まれる樹脂により、使っていくほどにツヤと柔らかさのある質感を楽しめます。

また、ラフィアは丈夫な素材で、耐久性と柔軟性も抜群。あたためると簡単に形づけることができるので、型崩れやたたみジワが付いてしまっても、正しい方法で行えば整えられた形をキープすることができます。

多少の水に濡れても問題はありませんが、なるべく雨の日の使用を避け、こまめにお手入れすることで一生モノとして長く愛用することができます。

■ブランドの代名詞「ラフィアハット」は欠かせない!


Original Update by Instagram

ヘレンカミンスキーのラフィアハットには、コンパクトに持ち運べるローラブルハット、カジュアルさをプラスできるキャップ、夏に不可欠なサンバイザーなど、幅広いラインナップが揃っています。ハットなら手軽にプラスワン出来るので、コーディネートを格上げできるお気に入りの逸品を見つけてみて。

初めてヘレンカミンスキーを購入する方には、シグネチャーシリーズ「Provence(プロヴァンス)」がおすすめです。帽子を半分に畳めて、ほどいたトリムを巻き付けて固定できるので、最小限の荷物でお出かけしたいときにもぴったり。しなやかなラフィア素材の性質を存分に活かしたアイテムです。

ヘレンカミンスキー 帽子

ヘレンカミンスキー 帽子

ヘレンカミンスキーを代表する「Provence(プロヴァンス)」シリーズ(画像左)のほか、異素材使いでメリハリを加えた「Vivette(ヴィヴェッテ)」も人気のアイテム。ラフィアハットは通気性も良いので、見た目の涼やかさだけでなく着用感も快適です。

ヘレンカミンスキーの帽子一覧へ

■夏のタウンユースにも最適な「かごバッグ」


Original Update by Instagram

ラフィアハットと合わせて取り入れたいのが、ヘレンカミンスキーのかごバッグ。同じアイテムでも、手作業で編み上げられた形状はひとつとして同じものはありません。日常使いしやすいシンプルフォルムや、柔らかな曲線を描くユニークな形状のバッグまで、ハンドメイドだからこそできる変幻自在なデザインも魅力です。

ヘレンカミンスキー バッグ

ヘレンカミンスキー バッグ

ラフィアとレザーの異素材使いがポイントの「Cassia(カッシア)」(画像左)や、ハンドル部分までラフィアで編み上げた「Carillo(カリロ)」(画像右)など、シリーズごとに異なる表情を楽しめます。ヘレンカミンスキーのかごバッグは、マチも十分に備えているので、見た目以上に収納力があるのも嬉しいポイント。

ヘレンカミンスキーのバッグ一覧へ

■夏コーデの仕上げにHELEN KAMINSKI(ヘレンカミンスキー)のラフィアをプラスワン♪

紫外線から守るだけでなく、高いデザイン性で夏の軽やかな装いにアクセントをプラスしてくれるHELEN KAMINSKI(ヘレンカミンスキー)のラフィア素材。天然素材だからこそ経年変化を楽しめるラフィアは、愛着を持って長く使いたい方におすすめです。

気になる方は、ぜひアイテムをチェックしてみてくださいね。

HELEN KAMINSKI(ヘレンカミンスキー)のアイテム一覧はこちら

この夏、HELEN KAMINSKI(ヘレンカミンスキー)の“ラフィア”から目が離せない!Takashi -タカシ-

関連記事