ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

35,009

Marimekko(マリメッコ)の定番柄「ウニッコ」の意味は?柄の種類を紹介!

Marimekko(マリメッコ)は独創的なデザインと鮮やかなカラーが魅力のブランドです。「ウニッコ」や「シールトラプータルハ」など柄の種類も豊富で、同じ「花」をモチーフにした柄であってもシリーズによってまったく違うイメージを楽しめます。今回はマリメッコの中でも特にポピュラーな柄と、それに込められた意味をご紹介します!

■フィンランド生まれの人気ブランドMarimekko(マリメッコ)


Original Update by Instagram

アパレルグッズだけでなく、テーブルアイテムや日常品などさまざまなアイテムを取り扱うフィンランド生まれのブランドMarimekko(マリメッコ)。その歴史は、1949年にプリント会社の「プリンテックス」がヘルシンキに誕生したことから始まります。

創業当時から「今までとは違った大胆で新しい柄をデザインする」とビジョンを掲げていたプリンテックスは、1951年に開催した初めてのファッションショーで大成功を収めました。モデルが着用する服は飛ぶように売れ、そのショーから数日でMarimekko Oy(マリメッコ株式会社)という名を会社登録するまでに至りました。

マリメッコの魅力はなんといってもその特徴的なデザイン。デザイナーの個性が強く反映されたデザインは、私たちの日常を時に可愛らしく、時にエネルギッシュに彩ってくれます。時期や流行に惑わされないマリメッコのアイテムは、いつまでも使い続けられるファッショナブルさが持ち味で、現在では世界中の女性の心を掴んでいます。

■マリメッコといえばこの柄「ウニッコ」


Original Update by Instagram

「ウニッコ」はポピーの花をモチーフにしたマリメッコを代表するデザインです。ぽってりした花柄は非常にキャッチ―で、遠目で見てもマリメッコのアイテムだとわかる強いインパクトを持っています。1964年にデザインされてから55年近く経つ現在でも、ウニッコ柄は多くの人の心をつかんで離しません。

ウニッコ柄ができた当時、創業者の妻であるアルミ・ラティアは「マリメッコでは花柄を作らない」と宣言していました。しかし、デザイナーのマイヤ・イソラがデザインしたウニッコ柄を見せ「これを見ても花柄はいりませんか」と言ったという逸話があります。デザイナーの自信と当時のマリメッコの風通しの良さを象徴するエピソードですね。

アーティスティックなウニッコ柄に視線が集まるデザイン。コンパクトなフォルムに程よい底マチが備わり、見た目以上の収納力を誇ります。細かな物をしまえるインナーポケット付き。コーディネートのワンポイントとして活躍すること間違いなしです。

【返品OK】商品詳細はこちら

大胆なパターンのウニッコ柄で仕上げた、存在感抜群のアイテム。収納口には開け閉めしやすいマグネットを採用しました。インナーポケットやサイズ調節できるショルダーストラップなどが備わり、使い勝手も良好。普段のカジュアルな着こなしに取り入れるだけで華やかさがアップします。

【返品OK】商品詳細はこちら

■どういう意味?「シールトラプータルハ」


Original Update by Instagram

「市民菜園」という意味を持つシールトラプータルハ柄は、マリメッコが抱えるデザイナーの中でも特に有名なマイヤ・ロウエカリによってデザインされました。大胆な花柄とバランスの良い配色は見る人を釘付けにします。カーテンなどのインテリアとしてはもちろん、ハンカチーフなどの小物としても展開される人気のシリーズです。

シールトラプータルハ柄が目を引くエコバッグです。コンパクトに折りたたむことができるので持ち運びがしやすく、ちょっとしたお買い物の際にも役立ちます。毎日のお出掛けバッグに忍ばせておくのも良いかもしれません!

【返品OK】商品詳細はこちら

■シンプルで使いやすい「ピッコロ」「ロッキ」「ピルプト パルプト」


Original Update by Instagram

手書き風の縞模様「ピッコロ」はシンプルながらもスパイスが効いたデザインです。ヴォッコ・エスコリン-ウルメスニエミがデザインしたピッコロ柄のシャツ「ヨカポイカ」は高い人気を誇り、コルセットで締め付けられていた当時の女性たちの身体を開放することにも貢献しました。

同様にヴォッコ・エスコリン-ウルメスニエミがデザインした「ピルプトパルプト」柄もマリメッコを語る上では欠かせないデザイン。手書きの水玉風の模様で、男女を問わずファッションに取り入れやすい柄です。

また、マリメッコといえばマイヤ・イソラがデザインした「ロッキ」もおすすめです。カモメが飛ぶ姿をモチーフにしたロッキ柄はポップな印象を与えつつも、カジュアルだけに留まらずさまざまなシチュエーションで活躍します。

マリメッコの北欧テイストのデザインはどれも魅力的で目を引くものばかり!しかし「柄物は合わせるのが難しそう……」と考えている方も多いのではないでしょうか。実は、マリメッコにもシンプルなデザインで日常的に取り入れやすいアイテムが用意されています。シンプルだけどマリメッコらしさの感じられるアイテムを取り入れてみるのも良いかもしれませんね♪

ハンドル部分にさりげなくウニッコ柄をあしらったトートバッグです。全体をワントーンでまとめてあるため、さまざまなコーデにマッチします。マチ幅も広く大容量、大きな開口部にはマグネットボタンを備え、中身の飛び出しをフォローしてくれるなどで使い勝手も抜群です!

【返品OK】商品詳細はこちら

ブランドのタグが映えるシンプルなデザインのバックパックです。A4書類も入る容量、ダブルファスナーの開け口、豊富な内外ポケットつきと機能性も兼ね備えたアイテム!背面のパッドやカラビナなどもついているので、普段使いからアウトドアまでお使いいただけます。

【返品OK】商品詳細はこちら

シンプルなボディに「marimekko」のロゴタグがワンポイントになっているトートバッグです。小ぶりのかわいらしいデザインながら最低限の収納力を備えていて、お弁当入れやお買い物の際のサブバッグなどあらゆる使い方ができるアイテムとなっています。

【返品OK】商品詳細はこちら

■これであなたもマリメッコマニア!

マリメッコにはブランドの人気を牽引するウニッコ柄やシールトラプータルハ柄、シンプルで使いやすいピッコロ柄、ロッキ柄、ピルプトパルプト柄などさまざまなデザインがあります。大人可愛いマリメッコのアイテムはお友達へのプレゼントにもぴったり。ぜひ、そのデザインができた歴史も教えてあげてくださいね!


marimekko(マリメッコ)一覧はこちら

Marimekko(マリメッコ)の定番柄「ウニッコ」の意味は?柄の種類を紹介!Takashi -タカシ-

関連キーワード

関連記事