ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

570

流行中の「スカーフ」夏はどうアレンジしたらいい?

「スカーフが今季のトレンドらしい」と聞いたことはあっても、そもそもスカーフを持っていない、どうやって使うのかわからないという人が多数派なのではないでしょうか。春はスカーフを首に巻き付けて使っていた人も夏の暑さの前ではなすすべなし。今回は、夏のスカーフ使いに悩むすべての人に向けて、スカーフのアレンジ法を紹介します。

■お気に入りのスカーフを夏も活用したい!

スカーフは2019年を代表するトレンド小物のひとつです。スカーフが持つ独特の光沢はゴージャスな柄と相まって、コーデにエレガントな印象を与えてくれます。春にはスカーフを首に巻いて上品なスタイルを楽しむ人が多く見られましたが、夏は首に巻くと暑苦しくなってしまうので、使い方に困っている人も多いかもしれません。

スカーフは、折ったり結んだりと形を自在に変えられるので、工夫次第でさまざまな使い方ができるアイテムです。この夏は首に巻く以外のオシャレな活用法を試してみましょう。

■活用法1:ベルト代わりにする

夏におすすめなのは、スカーフを折ってベルト代わりに使うアレンジです。ワンピースやボトムスのウエストに巻き付ければ、ウエストのくびれを強調してスタイルをよく見せてくれます。

スカーフは色使いや柄の入り方が大胆なので、そのままではシンプルすぎるコーディネートも、スカーフを巻くだけでメリハリのあるコーディネートにブラッシュアップできるでしょう。上の画像のように服とスカーフのベースの色を統一するとスカーフがコーデから浮くことなくオシャレに取り入れられますよ。

□スカーフの基本の折り方

1.裏側を上にして広げ、1か所の角を中心まで折る。
2.対角線の角も同様に中心まで折る。
3.片方を幅3分の1のところで折る。反対側も同様に折って重ねる。
4.両側をさらに3分の1のところで折って完成。

■活用法2:ヘアアレンジに使う

スカーフは頭に巻いてヘアアクセサリーとしても使えます。今季は特にリゾート感のあるラグジュアリーなコーデが旬なので、ざっくりしたトップスにスカーフを合わせてリラックス感を演出するといいでしょう。

一番ベーシックな取り入れ方は、前述の手順で折ったスカーフを後頭部から耳の上を通って頭のてっぺんで結び、ヘアバンドのように巻き付けるアレンジです。結び目を頭の上に持っていくとかわいらしいイメージに、うなじの方に持っていくと大人っぽい印象になります。

髪をポニーテールにし、ゴムの部分にスカーフを結んでゴムを隠せば、簡単ポニーテールもひと手間でオシャレに決まります。髪が長い人は、頭に巻いた細くスカーフの端を髪と一緒に編み込んで隠してしまうのもいいでしょう。

■活用法3:バッグに結ぶ

バッグの持ち手にスカーフを結ぶ方法なら、スカーフを毎日のコーデに気軽に取り入れられます。大きめのスカーフを結んでおけば、エアコンで肌寒いときなどにサッとほどいてショール代わりに使えるので便利ですよ。

また、スカーフを細く折りたたんでハンドバッグの持ち手にグルグルと巻き付ければ、大切なバッグを汗や汚れから守ることもできます。お気に入りのバッグの印象を少し変えたいときに試してみてはいかがでしょうか。

■今年使いたいスカーフ4選

上質なスカーフは流行や年齢に左右されることなく、ファッションのプラスワンアイテムとしてさまざまな場面で身に着けられます。古着屋さんなどでも気軽に購入できますが、人気ブランドのロゴが入った「これぞ」という1本を持っていると、その後のファッションライフが豊かになるでしょう。質の高いアイテムを大切に使いたい方には以下のスカーフがおすすめです。

フランス語で正方形の意味を持つ「カレ」。90センチ四方で使いやすいサイズが魅力の「カレ90」はエルメスファンなら知らない人はいない名品です。「63マスの世界旅行」と題されたユーモア溢れる柄はコーデのアクセントにピッタリ。素材はシルク100%です。

シルクの柔らかさやツヤの美しさが引き立つ「カレ90」のスカーフです。折り畳む向きによってさまざまな表情が楽しめます。

オレンジの縁取りが上品な印象のスカーフです。四隅にシャネルのロゴマークがあしらわれており、さりげなく高級感を演出できます。85センチ四方のサイズは首に巻いてもバランスがよく、さまざまな用途で使えます。

定番のココマークをドットで大胆にデザインしたシルク100%のスカーフです。四隅はシンプル、中央はゴージャスというメリハリのあるカラーリングで、シンプルなコーデのアイキャッチとして活躍してくれそうです。

■スカーフを使いこなしてファッション上級者に!

カジュアルな装いが一般的になった現代では、日常的にスカーフを身に着ける人は少なくなりましたが、スカーフの使い方を知っていればあなたのファッション偏差値は10も20も上がります。ぜひ夏のコーデに流行のスカーフを取り入れてみてくださいね!

流行中の「スカーフ」夏はどうアレンジしたらいい?Takashi -タカシ-

関連キーワード

関連記事