ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

2,099

大人女性の必須条件!ハイヒールでカッコよく歩くコツ

ハイヒールは、女性を魅力的に見せるのに欠かせないアイテム。しかし、「ヒール靴を履くと足が痛む」「前傾姿勢になってうまく歩けない」と悩む方も多いのではないでしょうか?

せっかく素敵なヒール靴を履いても、歩き方が不格好ではスタイルが台無しです。今回は、足を痛めずにハイヒールでカッコよく歩くコツをご紹介します。

■ハイヒールで美しく歩くコツ

OOTD Magazineさん(@ootdmagazine)がシェアした投稿

◎正しい姿勢をキープする

ハイヒールで美しく歩くためには、正しい姿勢をキープすることが不可欠です。かかとにしっかりと重心を乗せ、かかと、腰、肩、後頭部が一直線になるイメージで正しい姿勢をつくりましょう。顎は床と平行を意識し、視線は正面をキープ。肩甲骨同士を寄せるようにして胸を張り、腕は体の横でリラックスさせて自然に前後に振ります。

正しい姿勢のイメージが掴めない場合は、壁を背にして立ち、かかと、ふくらはぎ、ヒップ、肩、後頭部を壁につけてみてください。かかとに体重が乗る感覚が実感できるはずです。

◎かかととつま先を同時に地面につける

歩く際は、立った状態から膝を曲げないで足を踏み出し、かかととつま先を同時に地面につけます。一般的にはかかとから着地するのが正しい歩き方とされていますが、ハイヒールの場合はかかとから着地しようとすると体重移動が難しくなり、膝が曲がってしまうので注意しましょう。

◎歩幅は無理に大きくしない

かかととつま先を同時に地面につけると、どうしても歩幅は小さくなります。きれいに歩くためには無理に歩幅を大きくしようとせず、正しい歩き方をキープすることに集中しましょう。

◎直線の上を歩くイメージで

直線の上をまっすぐ歩くイメージを常にもち、それぞれの足がもう一方の足の前に来るように歩きましょう。プロのモデルがランウェイで歩く姿の動画を観て、参考にするのもおすすめ。ただし、日常生活に取り入れるのには少々オーバーな歩き方なため、モデル歩きよりも少し控えめを意識してみましょう。

◎内股にならないよう注意!

普段履いている靴の底をチェックしてみて、かかとの外側が擦り減っているようなら、内股で歩いている可能性大。内股歩きは歩く姿が美しくないばかりか、O脚やお尻の垂れの原因にもなります。内股の傾向がある方は、足を前に出す際に内くるぶしを見せるようにして内股歩きを改善しましょう。

■事前の準備

Heelscn shoes shopさん(@heelscn)がシェアした投稿

◎靴選びは慎重に

美しく歩くためには、靴の選び方も重要です。「長時間歩くけれどハイヒールを履きたい」という場合は、足首部分にストラップがついたデザインの靴を履くようにしましょう。ストラップがあれば、足が靴の中で前に滑るのを防げるため、靴擦れや痛みが軽減されます。

また、つま先部分の底が厚い厚底靴もおすすめ。足の負担を軽減しながらスタイルをよく見せてくれるでしょう。

◎靴用クッションやインソールを活用する

足が擦れたり圧迫されたりする箇所には、靴用のクッションを使って負担を軽減しましょう。靴用クッションは100円ショップなどでも購入することができます。また、サイズが大きい場合や靴の中で足が滑りやすい場合は、靴底に敷くインソールを活用して足の形に靴を合わせましょう。

◎ヒール靴に足を慣らす

結婚式やパーティーなど、ハイヒールを履く予定があらかじめ決まっている場合は、履く予定の靴を数日前から履いて足を慣らしましょう。事前に何度か履いておけば靴が足にフィットしやすくなるほか、痛みが生じる場所を特定して対策を打つことができます。最悪の場合別の靴を履くことも検討できるので、新しい靴は事前に履き心地を試しておきましょう。

■歩く姿をいっそう素敵に見せてくれるバッグ

OOTD Magazineさん(@ootdmagazine)がシェアした投稿

美しく足に負担のかからない歩き方をマスターできたら、素敵なバッグを小脇に抱えていっそう洗練された歩き姿を目指しましょう。以下では、ハイヒールでの歩き姿をより魅力的に見せてくれるバッグを、ハイヒールを履くことの多い通勤時用、パーティー用に分けてご紹介します。

◎通勤バッグ

◎パーティーバッグ

正しい歩き方をマスターし、ハイヒールを履きこなすことができれば、あなたの魅力はいっそう引き立つはず。これを機に美しい歩き方を練習し、より輝く女性を目指しましょう。

大人女性の必須条件!ハイヒールでカッコよく歩くコツTakashi -タカシ-

関連記事