ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

64,637

一度使うと病みつきに?ビジネスマンの間でTUMIが評価される理由

営業職で新たにビジネスバッグを買おうと思っている方は、多くのビジネスマンから支持を得ているブランド『TUMI』をチェックしてみましょう。ビジネスマンが愛用するブリーフケースはもちろん、リュックのラインナップも豊富。どんな魅力があるのか迫ってみました。

■ビジネスマンに愛されるTUMIとは?

TUMIは1975年アメリカで設立されたブランドで、トラベルバッグの成功により成長しました。トゥミという名前の由来は、南米の青年平和部隊のボランティアに参加した創業者が、ペルーの偶像「トゥミ」から取ったとしています。

創業当時は南米のレザーバッグの輸入会社として活動し、レザーのボストンバッグやビジネスバッグなどを中心に販売していました。1983年になるとバリスティックナイロン製のトラベルバッグを発売し、確固たる地位を築くまで成長しています。その後はカジュアルで機能性に優れたソフトブリーフケース、メンズのレザーウォレットやビジネスアクセサリー、キャリーケースなどラインナップを広げていきました。

その後1996年に特許取得のスナップ・フック、1997年に特許取得のセーフケースなど独自の商品開発も手掛けています。2007年には50個目のトゥミストアをオープンし、世界30か国以上で展開するブランドにまで成長しています。

このようにTUMIからは男性向けのバッグやビジネスアクセサリーまでのラインナップがそろい、使うシーンに合わせてバッグを選ぶことができます。たとえば次に紹介する商品のように、リュック、ショルダー、トートバッグなどビジネスで活用できるバッグの種類が豊富です。

トゥミ リュック メンズ TUMI 232388 D ブラック

▼TUMIリュック・バックパック一覧はこちら
https://bit.ly/2Z2GxB8

■長く愛用でき機能性に優れているTUMI

ビジネスマンにTUMIが愛されているのには理由があります。なかには新入社員のころに奮発して購入したら、その後数年にわたりずっと愛用し続けているなど、コアなファンが多いのが特徴。一番のメリットは、なんといっても抜群の収納力でしょう。

営業マンが持っているようなベーシックなビジネスバッグには、これでもかというほど多数のポケットが備え付けられています。バッグの表面には防水機能付きの傘入れ、ペットボトル入れなどすぐに取り出すものを収納可能。内側にはパソコンを入れることを想定したクッション素材や、細かなポケットも備え付けられ便利です。

ビジネス対応のブリーフケースの多くは、レザーが採用され、見た目も高級感があります。デメリットといえば、レザー素材のため多少重さがあるくらいです。ブリーフケースの例でいえば約2,250g。パソコンや書類などを入れれば、重さは覚悟しなければなりません。しかし、TUMIのブリーフケースはレザーだけでなくナイロンやキャンパスなど、使うシーンに合わせて素材を選ぶことは可能です。そのため、高級感を重視するならレザー、軽さならナイロン、レザーとキャンパスでいいとこどりなど、好みのものを選ぶこともできるのです!

■ビジネスにおすすめのTUMIリュック

ビジネスシーンで使うバッグの購入を想定しているなら、新たな選択肢となるのがTUMIリュックです。周りを見渡してみると、スーツ姿にリュックを合わせている人が増えており、実際に2014年ごろからGoogleトレンドでも伸びてきているのわかります。

なぜこれほどまでにビジネスマンの間でリュックが流行っているのでしょうか?それは3つの理由からなのです。

◆楽だから
両手に鞄や資料を持つよりも、リュック1つにまとめたほうが断然楽です。荷物が多いビジネスマンにとって、楽なのは大切な要素でしょう。

◆両手があくから
背中に背負うことができるリュックは、両手があいてスマホやタブレッドなどを使うことも可能で、資料を持ち運ぶ際にもスムーズです。

◆リュックが流行ってきている
若い人が持つバッグの印象が強いリュックですが、最近は社会人でもリュックを持つ人が増えています。エコの観点から自転車通勤に変えリュックを利用する方も増えているからでしょう。

でもリュックが流行っているからといっても、ビジネスシーンで許容されるデザインはあるはず。そのように気を使う人に選ばれているのがTUMIのリュックというわけです。

長く使えて機能性がいいビジネスバッグを探している方は、TUMIのブリーフケースやリュックも選択肢に入れてみてくださいね。一度使ってみれば良さがわかるはず。新入社員の方がはじめて買うバッグや、長く勤めた方の自分へのご褒美バッグとしてもおすすめです!

▼TUMI一覧はこちら

一度使うと病みつきに?ビジネスマンの間でTUMIが評価される理由Takashi -タカシ-