ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

74,610

買うならミニ財布?長財布?それぞれのメリットデメリットを比較

「持っている財布の調子が悪いからそろそろ買い替えようかな」と検討中の方はいますか?新しく財布を買うときは、財布のデザイン性や機能性が気になりますよね。ミニ財布にするのか、長財布にするのかで普段の使い勝手も変わってくるでしょう。そこで今回は、財布を買い替える前に知っておきたい、ミニ財布と長財布それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。あなたはミニ財布派ですか?それとも長財布派ですか?

■ミニ財布のメリット・デメリット

FURLAさん(@furla)がシェアした投稿

□メリット

二つ折りにして使用するミニ財布。ミニ財布の魅力はなんといってもそのコンパクトさです。コンパクトであれば手にも収まるため、持ち運びも便利。クラッチバッグやミニバッグ、ポケットにも入れられます。あまり現金を持ち歩かず、カード払いをする人にとってもコンパクトで持ち運びしやすい点は嬉しいポイントでしょう。

また、デザインの可愛さも◎。ミニ財布は2つ折りタイプのものが多く、そのコロンとした見た目とデザイン性でファッションアイテムとしてとり入れる人も多いんだとか。財布が小さいことで荷物が軽量化されて持ち運びもしやすくなる点や、デザイン性の高さがメリットと言えます。

□デメリット

一方デメリットも存在します。コンパクトさの反面、お金をスムーズに出し入れすることが難儀です。特にお札の出し入れは一度財布を横にしなければいけないので手間をとってしまうことに。急いでお金を出し入れしなければいけないシーンでは使いづらいと感じることもあるでしょう。

また、財布の中にレシートやカードを多く入れてしまうと、財布がパンパンになり可愛さが半減してしまいます。そのため、こまめにレシートを出して整理したり、カード類を少なくしたりする必要があるでしょう。

■長財布のメリット・デメリット

□メリット

長財布のメリットは、会計時に便利なことが挙げられます。二つ折りのミニ財布と比べてお札を出すときに財布を横にする必要がありません。そのため、スムーズにお金を出し入れすることができます。また、長財布はカードポケットやお札入れ、小銭入れなどが多く、収納力も高いと言えます。クレジットカードや会員証など財布に入れておきたい人は長財布の方が使い勝手がいいでしょう。

また、ミニ財布とは異なり長財布は小銭やカードが分散されるのでかさばりを防ぐことができます。カバンにもスリムに収めることが可能。クールな印象を与えることができることも長財布のメリットと言えます。

□デメリット

一方のデメリットは、所持金がハッキリと見えてしまうこと。お札を出すときに財布をやや広げる必要があるため、中身が見えてしまうことに。所持金はあまり見られたくないという人はミニ財布の方がいいでしょう。

また、長財布の場合、手持ちのバッグに入りきらないこともあります。そのため、フェスなどの野外活動で荷物をコンパクトにまとめたいときには不向きと言えるでしょう。

■自分のライフスタイルや持っているバッグと合う財布をチョイス!

Gucciさん(@gucci)がシェアした投稿

ミニ財布と長財布にはそれぞれメリットとデメリットが存在します。そのため、財布を買い替えるときは自分のライフスタイルや、持っているバッグのタイプと合った財布を選ぶことがポイントです。普段大きめのバッグを持つなら長財布の方が使い勝手がよく重宝します。一方、荷物をコンパクトにまとめることが多い人はミニ財布の方がライフスタイルとマッチするでしょう。

2017年のミニ財布トレンドは奇抜かつ色合いが鮮やかなものです。ブランドのロゴが大きく施されているミニ財布も◎。また、長財布はパステルカラーなどフェミニンな印象を与えるものや、ユニークなデザインのものが人気です。長財布だけを持って買い物に行く場合もトレンドを意識したオシャレな財布であればコーデが浮いてしまうこともありません。ぜひとり入れてみてくださいね。

■おすすめミニ財布

FURLAさん(@furla)がシェアした投稿

■おすすめ長財布

買うならミニ財布?長財布?それぞれのメリットデメリットを比較Takashi -タカシ-

関連キーワード