ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

123

20代後半からのクリスマスコーデ!大人かわいく仕上げるには?

もうすぐクリスマス!「普段は落ち着いたコーデが多いけれど、クリスマスのお出かけのときは特別感を演出したい」という方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな方に向けて、大人女性向けのクリスマスコーデのコツをご紹介♪ 小物使いや色使いを工夫し、普段とはひと味違うコーデを楽しみましょう。

■コーデの主役はワンピース・スカートで決まり

View this post on Instagram

OOTD @linneafunks

A post shared by OOTD (@ootdsubmit) on

ロマンティックなクリスマスには、やはりワンピースやスカートなどのフェミニンなコーディネートで臨むのが正解。特にデートであれば、ワイドパンツなどのリラックス感があるものより男性からの評価も上々なはずです。とはいえ、ワンピースやスカートはデザインによっては甘すぎたり、子どもっぽい印象になってしまったりすることも。品よく落ち着いて見えるよう、色使いや小物の合わせ方で大人っぽく調整しましょう。

男性ウケ抜群のニットワンピースを着るなら、あえてベーシックカラーでまとめて甘さを抑えて。足元はロングブーツを合わせると、キレイな印象が引き立ちます。パンプスを履く場合は、タイツやレギンスを合わせて肌の露出をセーブしましょう。見た目にも暖かく、落ち着いた印象に見せてくれます。

シンプルなコーデも、チェック柄のアイテムを合わせるだけでガラリとクリスマスらしいムードにチェンジできます。チェック柄の服を着るのに抵抗がある場合は、マフラーやバッグなどの小物で取り入れてみてはいかがでしょうか?

トップデザイナーや高級メゾンからも支持される、ジョンストンズのカシミア100%のマフラー。しっとりとした肌触りで心地よく使用できます。

チェック地にブランドロゴを添えた印象的なデザインのバッグ。取り外し可能なバッグインバッグ付きで、デザインだけでなく機能面も充実しています。

■クリスマスカラー(赤・緑・ゴールド)を取り入れて

View this post on Instagram

What do you love about this look? @ambrabny

A post shared by OOTD Magazine (@ootdmagazine) on

特別感を演出するには、コーディネートの色使いもポイント。赤や緑、白、ゴールドなどのカラーを組み込むと、クリスマスらしいコーディネートが手軽に叶います。

落ち着きのある緑をコーディネートのメインにする場合は、地味になりすぎないように柄物と合わせるのがおすすめ。シルエットは襟元に特徴があるもの、袖がふんわりしているものなど、どこかに変化があるものを選ぶといいでしょう。赤は挑戦するのにちょっぴり勇気のいるカラーですが、ワインレッドやバーガンディーなど、くすんだ色味のものを選ぶとなじみやすく、大人っぽい印象に仕上がります。

白は冬のデートコーデの王道カラー。ただし、白ニットにスカートを合わせると甘くなりすぎてしまうので、スキニーデニムやブーツなどのハンサム系アイテムを合わせるのがおすすめです。落ち着いたカラーのニットを着て、バッグなどの小物で白を取り入れるのも◎。

クリスマスツリーのオーナメントを思わせるゴールドは、アクセサリーやパンプスなど小物で部分使いするのが正解。ピアスやネックレスなどで星のモチーフを取り入れてもかわいいですよ♪

赤×ゴールドの色使いがクリスマスを連想させるショルダーバッグ。コーディネートのワンポイントとして用いれば、途端に華やかな装いになります。

シャイニーな素材を用いて華やかなルックスに。女性らしい小ぶりなサイズ感も魅力。クリスマスデートにもってこいのアイテム。

■コーデの仕上げにキュートなアクセサリーを!

クリスマスコーデの仕上げには、キュートなアクセサリーをつけてイベント感を盛り上げましょう。印象的なアクセサリーは、身につけるだけで簡単に特別感を演出できます。

おすすめは、ハートモチーフのピアスやネックレス、ブレスレット。ハートがワンポイントになるだけで、グッと女性らしいイメージが高まります。ピンクゴールドなど、柔らかで温かみのある色合いのアクセサリーもおすすめです。

シンプルなチェーンがハートチャームの鮮やかさを引き立てる、エレガントなデザインのブレスレット。クリスマスコーデを華やかに彩ります。

異なるカラーを組み合わせ、コントラストをつけたデザインが特徴的なネックレス。クリスタルが胸元できらめき、特別感を演出してくれます。

■いつもとはひと味違う装いでクリスマス気分を盛り上げよう

色使いや小物使いを少し工夫すれば、普段とは少し違ったクリスマスらしいコーディネートが叶います。一年に一度のクリスマスを、特別感のあるコーディネートでより楽しく過ごしましょう。

20代後半からのクリスマスコーデ!大人かわいく仕上げるには?Takashi -タカシ-

関連記事