ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

1,035

『パリコレ2021、エルメス会場前でファッションスナップ』ヨーロッパ写真日和VOL.239

こんにちは、吉田タイスケです。前回に引き続きパリコレ2021春夏コレクション、ファッションスナップをお届けします。今日はエルメスのショー会場前から。エルメスバッグの代名詞と言えば、バーキンやケリーですが、開けたまま持ち歩くのがモードでしょうか?

こちらもオープンにしたまま。バーキンはデザイン上、上蓋を開けたまま形を保てますが、今回会場に来ていた招待客の人たちは例外なくバーキンでもケリーでも、「上蓋は開けたまま」でした。ちなみにそれがお約束だとしても、パリの中心部を歩く際や公共交通機関を利用される時は、上蓋を閉めてください!←スリ対策。

さて、会場はこちら。広い敷地のある、パリのテニスクラブです。

モノトーンがお洒落なマダム。マスクまで似合っていますね。

バッグはこちらのクロコ。もちろん上蓋はオープンで。

袖のデザインがユニークでマントっぽくもあり、ちょっとSF感(?)のあるコート。アクセサリーはゴールド、隣の人の全体のゴールド感も含めて、調和している感じがします。

こちらは足元のグリーンが鮮やかで、すでに春夏を先取りしたような爽やかさ。テニスクラブという場所にもぴったりですね。

秋らしい装いのお二人。

ジャケットのフリンジと丸襟、コンバースでカジュアルな印象。

会場にはゲストやカメラマンだけではなく、自分を売り込みたいインスタグラマーやクリエイターも集まります。こちらの二人は、自身のファッションブランドをアピールしたいために来ているとのこと。

「ファッションはアートでビジネスじゃない」とメッセージを訴える人も。

こちらはシックな装いが、とても似合っていたマダム。

肩から下げているのが、使い込まれた感のあるコンスタンスバッグというところも、ぴったりでした。

いまやマスクも、お洒落アイテムのひとつになりつつありますね。

こちらはバランス良くモノトーン。オーバーシャツも自然で、妊娠していると言われなければすぐにはわかりませんでした。

バッグの上蓋は、開けたまま。

さて、ここからはショーが終わった後のモデル私服スナップをいくつかご紹介します。

ゲスト以上に、それぞれ個性的なファッションのモデルたち。

コートと口紅の色が鮮やかです。

いつもの撮影風景。

踊りながら公道を歩いてくれた、黒人のモデルさん。

エルメス会場では、モデルたちもどこかエレガントな着こなしが多かったようです。次回はシャネルの会場前からお伝えします。どうぞお楽しみに。

『パリコレ2021、エルメス会場前でファッションスナップ』ヨーロッパ写真日和VOL.239staff

関連キーワード

関連記事