ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

597

ヨーロッパ写真日和VOL.177『パリ、モンマルトルの邸宅美術館へ』

こんにちは、吉田タイスケです。2月はバレンタインのパリから、今回はモンマルトルの丘にある美術館へと足を運びました。

モンマルトルといえばの階段風景。この日、あちこち動き回ってあとで携帯で確かめたところ、34階分(!)も上り下りしていました。も、もうダメ、、。

高さという視点が加わるので、いつもと違うパリがモンマルトルにはあります。

遠くに望む、エッフェル塔。

他のエリアと比べて、観光客も多いのがモンマルトルの特徴。

石畳の小道も、多く残っています。

不揃いな石畳に足を取られながら、モンマルトル美術館へ。ルノアールやユトリロがアトリエを構えていた邸宅が、1960年から美術館として公開されました。一時期は経営難により閉館の危機に陥るものの、2011年に大規模な改修工事を経て再オープン。

この美術館の魅力のひとつは所蔵コレクションもさることながら、ルノアールの絵に着想を得て造られた「ルノアールの庭」です(そのまんまだけど)。花も緑もない2月の風景で恐縮ですが、、。

邸宅裏には入り口からは思いもつかない広大な中庭があり、その一角には「カフェ・ルノアール」(またそのまんま)が。喧騒のモンマルトルを離れ、青空に浮かぶサクレクール寺院の鐘楼を眺めながらお茶を飲める場所は、界隈ではおそらくこの庭以外にはないと思います。
4euroで庭だけに入場することもできますので、そういう使い方もオススメです。2月でカフェも閉まってましたけど、、←エー!

また、中庭のカフェ以外でも、ここだけでしか体験できないモンマルトルの眺めがあります。

中世時代、モンマルトルの丘の多くはブドウ畑でした。その歴史にちなみ、1933年に再びモンマルトルの一角にブドウ畑が復活します。

現在も年間500本のワインが造られていて、毎年チャリティオークションが行われているそうです(from Wikipedia)。そのブドウ畑が見渡せるのも、この庭だけ。実は今回初めてモンマルトル美術館に来て、こんな眺めがあることを知りました!←在パリ20年。

庭を歩いたあとは、常設展へ。美術館の動線が、庭を通ってから邸宅内へ入るという作りになっているのも良いですね。

古き良きモンマルトルを保存する美術館。かつてのこの地区の様相を、絵画を通して知ることができます。

アルフレッド・ルノーダン、20世紀初頭のモンマルトルの丘。のどかな夕景の一瞬が描かれています。

19世紀末当時、歓楽街の中心地モンマルトルで有名だったキャバレー、『黒猫(CHAT NOIR)』ポスターオリジナル。 キャバレーでピアノを置くことが初めて許可されたのもここで、ドビュッシーやサティが作曲にも使ったというピアノは今でも美術館に展示されています。

アンドレ・ジルが描いた「ラパン・アジルの看板」。今もこの絵のコピーを掲げ、19世紀当時の面影を残したまま営業しているシャンソン酒場、「ラパン・アジル」は元々「殺し屋のキャバレー」と呼ばれていたのですが、ジルが描いた絵が人気を博し「ジルのうさぎ=Lapin a Gill(ラパン・ア・ジル)から転じて、Lapin Agile(足の速いうさぎ)」と呼ばれるようになったそうです。へーーー、名前に歴史ありですね。

当時、『キャバレー黒猫』は広報誌も発刊していて、その挿絵もたくさん展示されていました。ネコ好きが喜びそうです。

キャバレー全盛時代、を偲ばせる展示室。毎日がお祭りだったんでしょうか。ピカソやユトリロは、酒代の代わりに絵やデッサンを預けていたそうです。現在はピカソが小石に描いた落書き(←オイ)でも100万円は下らないというのに、、、。

邸宅の別部分はユトリロ、ヴァラドンのアトリエ、客間、寝室を忠実に再現した空間となっています。

チェーンなどで区切られていないので、本当に今も住んでいる場所を見るような錯覚に陥ります。

こちらがアトリエ。一日を通しての採光を考えて、北向きに作られた大きな窓に開放感があります。絵を描くわけではないですが、この窓を見るたびにアトリエいいなーと思います。いつかはアトリエ建築に暮らしてみたいですね。

ユトリロの寝室。差し込む光が印象的。

美術館を一通り見学して外に出ると、向かい側の壁にハートが咲いていました。パリでは無断で描かれた絵も、エスプリに富んでいればそのまま残されたりします。これは生き残りそう、、。個人の邸宅を訪ねるような、モンマルトル美術館をご紹介しました。

次回は世界遺産にも指定されているコルビジェ建築の名作「サヴォア邸」を歩きます。どうぞお楽しみに。

ヨーロッパ写真日和VOL.177『パリ、モンマルトルの邸宅美術館へ』axesedit

関連キーワード

関連記事