ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

149

ヨーロッパ写真日和VOL.210『パリコレ2020、ディオール会場前ファッションスナップ』

こんにちは、吉田タイスケです。ファッションは街に咲く花。イタリア回予定を変更して、今回はパリコレ・オートクチュールスナップ2020をお届けします。

ディオールはいつものロダン美術館前から。この日だけは、交差点が華やかなランウェイに。

ディオールと言えばのチェック柄も。ピンヒールに絞ったウエスト、クラシックなラインがエレガントですね。

サングラス、ピアス、小物の存在を赤い口紅がより引き立てています。

足元にも注目。モノグラムonモノグラム。

ユニクロとのコラボでもおなじみ、イネス・ド・ラ・フレサンジュは娘さんと。

シースルーは今年も健在。また、脚に負担がかかるのは間違いないですが、ハイヒールのシルエットは全体を引き締めますね。

こちらはスキのないシルエット。「日常的にこういうファッションをしてますが、なにか?」という上級感があるマダム←何それ。明らかに周りとは違う空気感でした。

パリコレクションスナップ常連、秋元梢さんは白いファー&ブーツで。

フランスの伝統柄を用いたトワル・ド・ジュイでしょうか。このプリント柄はシルエットも相まって、どこか和風な着物を連想させますね。

シースルーの白レースを華やかに着こなした新木優子さん。

これからパーティー、ならぬショー会場へ。

周りの目を引いていた二人一組なコート。文字通り二人羽織ですね。こちらはディオールではなく、自分たちで洋服を仕立てている人たちが、アピールをしに来ています。

再び足元から。シックなコーディネイトに加えた赤いハイヒールが、口紅を連想させます。

帰り道は、ロダン美術館からセーヌ川まで歩いてみました。

オルセー美術館前。なんだか、パリの街そのものが舞台に見えてくる冬の一日。パリコレスナップをお届けしました。次回もどうぞお楽しみに。

ヨーロッパ写真日和VOL.210『パリコレ2020、ディオール会場前ファッションスナップ』Takashi -タカシ-