ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

1,363

ヨーロッパ写真日和VOL.63『クリスマスのパリから』

63_001

こんにちは、吉田タイスケです。
今年もあっという間に(?)年末がやってきました。

普段日曜日はデパートもスーパーも休業するパリですが、12月だけは特別に営業しています。
日本では恋人達のイベントになっているクリスマスも、こちらでは家族全員でプレゼント交換。
贈り物探しに皆が浮き足立っている12月、冬のパリの様子をお届けします。

63_002 63_003 63_004

入浴剤で有名な、LUSHのウィンドウもクリスマス仕様です。

63_005 63_006

サルトル、ボーヴォワール、ピカソやヘミングウェイも集った老舗カフェ「レ・デュ・マゴ」も緑と赤に。

63_007

今年はベーシックな色が流行色ということで、ウィンドウにはモノトーンが目立っていました。

63_008

マルシェ・ド・ノエル(クリスマス・マーケット)も各区で催されています。
元々はクリスマスの飾りなどを売る屋台だけだったのですが、今や香水、おもちゃ、アクセサリーと、何でも揃う賑やかさです。

63_009 63_010

ハイブランドのメゾンが並ぶモンテーニュ通り。
ディオールのシャンデリアも華やかにライトアップされています。

63_011

ヴァレンチノのショーウィンドウ。

63_012 63_013

祈りを灯すキャンドルのように、パリを彩るイルミネーション。

暗くなるニュースも多いですが、全ての人が穏やかな年の瀬、新年を迎えられますように。
今年も一年間ありがとうございました。
来年も引き続きパリや、ヨーロッパから美しい世界の断片をお届けします。
どうぞお楽しみに。

ヨーロッパ写真日和VOL.63『クリスマスのパリから』axesedit

関連キーワード

関連記事