ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

3,597

ニューヨーク・ニューヨークVOL.8『マイケル・コースで一番人気は』

マディソンです。今回もマンハッタンのミッドタウン西側、コロンブスの像を囲んで車道が円形交差点になっているコロンブス・サークルからお届けしています。コロンブス・サークル内にあるマイケル・コースのショップを訪ねてみました。

IMG_0875

今年の人気はビビッドなピンクと真っ赤の2色のバッグだそうです。マーサーという名前で、かなり小ぶりになってきています。これなど単純にデート用で、仕事の資料は入らないですね…どう見ても。価格も225ドルとリーズナブルです。

IMG_0876

マネージャーのデーヴィッドが説明してくれましたが、手が自由に使えるよう、取りはずしのきくストラップが人気だそうです。花の飾りがついていて、フェミニンでしゃれていますね。近ごろアメリカでは個人旅行はもちろん、ビジネスでも移動する人たちが多く、スーツケースを引くときなど、バッグの方は手が自由に使える、ハンズフリータイプが流行なんだそうです。
このストラップは40パウンド(約18キロ)の重さでも大丈夫とデーヴィットがデモンストレーションして見せてくれました。

IMG_0881

人気といえば、リバーシブルのこのタイプもよく売れていて、何といっても1ヶのバッグで3タイプのデザインが楽しめます。

IMG_0886

別の色もありますね。このバッグなど、全部はずせば黒に、ブルーのカバーは表はブルーですが、裏は別カラーなので3色楽しめます。売り出しの時には328ドルでしたが、現在は246ドルとぐっとお得になりました。
マイケル・コースは年4回、シーズンごとに新作が次々発表されますから、少し待てばお安くなるかもしれませんね。

IMG_0889

スマホ機能を兼ね備えたウエアラブル市場には最近でこそ他メーカーも参入してきていますが、数ある高級ブランドの中で、真っ先に名乗りを上げたのがマイケル・コースなのだと、デーヴィッドが教えてくれました。

IMG_0892

マンハッタン郊外のロングアイランドで生まれ、ファッションモデルを母に持ち、FIT(ファッション・インステイテュート・テクノロジー)卒業のマイケル・コースは生粋のニューヨーカーですが、これらの時計は昨年にブランド35周年を記念して発表されたそうです。
アイ・ウォッチなど、機能はあっても今一つ無骨なデザインが多い中、さすがコース、ウエアラブルらしいやぼったさを全く感じさせません。

IMG_0790

コロンブス・サークルを出てしばらく外を歩いたら、まだまだ寒いので、ただ今マンハッタンで大人気のターメリック・ラテを飲んでみようと思いました。

IMG_0782 IMG_0788

料理好きな人はご存知と思いますが、ターメリックって、よくカレーに入っているスパイスです。カレーなので、もちろん黄色。インド系アメリカ人の友人に聞いたんですが、もともとインドのお母さんたちは健康に良いからとターメリックやショウガをお湯やお茶に溶かして子供たちに飲ませるそうです。それがマンハッタンに来ると、ラテになったんですね。
一カップ5ドル。飲んでみると、健康にはいいのかもしれませんが、やっぱり少し妙な味のような気がします。

IMG_0797

さて、私は次のミーティングへ向かいますが、青空にエンパイヤ・ステイトが、今日はくっきりと映えています。また、次回マンハッタンからお会いしましょう。

▼MICHAEL MICHAEL KORS一覧はこちら

ニューヨーク・ニューヨークVOL.8『マイケル・コースで一番人気は』hana