ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

4,135

AXES STYLE VOL.28『ヴィンテージ感が可愛い♪「GUCCI(グッチ)」のOPHIDIAシリーズ』

数多くあるブランドの中でも「元祖」と呼ばれる『GUCCI(グッチ)』。

創業者であるグッチオ・グッチは、10代の頃、ロンドンにあるホテルで従業員として働いていました。
そのホテルの利用者は当時の大スターや富豪ばかり。彼らの洋服や身に付けているアクセサリー、バッグなどを見て、デザインのインスピレーションを受けていたようです。

その後、1921年、彼の生まれ故郷であるイタリア/フィレンツェにて『GUCCI(グッチ)』が誕生しました。

今回はGUCCI(グッチ)の歴史を辿りながら、GUCCI(グッチ)の中でも代表的なOPHIDIAシリーズに合うコーディネートのご紹介をしていきます。

イラスト/EccO

ダブルGロゴ、ウェブストライプはGUCCI(グッチ)の象徴。それを全て取り入れたデザインがOPHIDIAです。

OPHIDIAはヴィンテージ感のあるデザインが可愛いので、アイテムを引き立たせるためコーディネートカラーにはシンプルな「ブラック」×「ブラウン」を採用。オールブラックでもシックな装いでかっこよく、凛とした素敵な女性な印象になりますが、今回は「ヴィンテージ感」を表現したいのでウールコートをブラウンに。

秋口、春口にはウールコートからトレンチコートにチェンジすると、軽やかな印象になり、素敵なコーディネートになりそうな予感♪

ヘアアクセには2020年、再ブームが来ているトレンドのカチューシャをすることで、可愛い女性らしさと「ヴィンテージ感」をプラスしました。

■GUCCI GG SUPREME OPHIDIA BAG


Original Update by Instagram

気品漂うGGキャンバスにメタルや配色テープをプラスしたヴィンテージ感溢れるルックスが魅力。開け口にはファスナーが施され、プライバシーをしっかり保護します。

【返品OK】商品詳細はこちら

小さすぎず、大きすぎずの丁度良いサイズ感が普段使いやちょっとしたフォーマルな装いの場面にも大活躍!使用するのがもったいないくらい可愛いバッグですが、GGスプリームは、GGキャンバスにポリウレタン加工をしているため耐久性に優れており、汚れが付きにくいところも特徴です。安心してお使いいただけますし、使用していくうちに馴染みがでて、味のある「あなただけのバッグ」になります。

カジュアルになりすぎず、上品な印象になるのでデイリーにもお出かけにもおすすめです。

【返品OK】商品詳細はこちら

フロントにジップポケットがあるのが特徴♪リップや携帯、定期入れなど、サッと取り出せる収納は女性にはうれしいポイントですよね。ショルダーバッグは重たい印象になりにくいため、夏にはTシャツにデニムのシンプルなスタイルにも相性抜群です。気軽に持てるアイテムをお探しの方にはぜひオススメしたい一品です。

■GUCCI GG SUPREME OPHIDIA WALLET


Original Update by Instagram

古き良き時代のオールドグッチの様な伝統的なデザインをイメージしたOPHIDIA。ご自分用にはもちろん、プレゼントにもおススメ。喜ばれること間違いなし!

【返品OK】商品詳細はこちら

バッグと財布のOPHIDIAシリーズを合わせ、セットで持つのも、おしゃれ上級者の技。ワンランク上の女性になれた気持ちになれますよね♪カードポケットも充実しており、使い勝手や機能性が抜群のこちらのアイテム。見た目の可愛さや使いやすさから、一度手にしてしまうと離れられなくなるかも…?長財布が苦手な方でも、OPHIDIAシリーズには二つ折り財布のデザインもございますので、気になる方はぜひチェックしてみてください♪


Original Update by Instagram

今もなお、GUCCI(グッチ)のアイコンとして有名なダブルGのモノグラムは、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に刻印したところから始まりました。これが、ブランドの「元祖」と呼ばれる理由の一つです。

また、第二次世界大戦の影響により牛革の調達が困難になったことから、GGキャンバスにコーティングを施した「GGスプリーム」の考案や、持ち手に革を使用しない「バンブー」のシリーズを生み出し、これらは今でも絶大な支持を集めています。

このように、数多くの歴史を作り上げたグッチオ・グッチですが、1953年に生涯の幕を落としました。
その後、グッチオ・グッチの後継者として、グッチ一族の熾烈な争いが始まり、ブランドとしてGUCCI(グッチ)は低迷します。争いの果て1994年にトム・フォードがクリエイティブディレクターに就任したことをきっかけにGUCCI(グッチ)はかつての勢いを取り戻し、再び世界中にGUCCI(グッチ)ブームを巻き起こします。

2015年には、アレッサンドロ・ミケーレがクリエイティブディレクターに就任。街中やSNSで見かける蜂や虎のデザインや、GUCCI(グッチ)のロゴ入りTシャツなどのアイテムはミケーレ率いる「新生GUCCI(グッチ)」が生み出したもの。世界中の幅広い世代から注目を集めるGUCCI(グッチ)に今後も期待です。

いかがでしたか?今回はGUCCI(グッチ)の歴史と、OPHIDIAシリーズのアイテム、コーディネートのご紹介でした。OPHIDIAシリーズはもちろんのこと、GG MARMONTシリーズやSYLVIEシリーズなど、AXESでは多くアイテムのお取り扱いがございますので、気になった方はチェックしてみてくださいね♪

▼GUCCI(グッチ)一覧はこちら

AXES STYLE VOL.28『ヴィンテージ感が可愛い♪「GUCCI(グッチ)」のOPHIDIAシリーズ』staff

関連記事