ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

1,800

2015秋冬 定番アウターまとめ

冬と言えばアウターは必須アイテム!
main_01

こんにちは、ファッションエディターのAoiです。

秋冬はアウターが活躍する季節。 この季節はアウターがファッションを左右するといっても過言ではない程、見た目の印象が決まります。どんなタイプのものを選ぶかによってイメージもガラっと変わるんです! そんな冬のお供であるアウターの種類を、お勧めのコーディネートと一緒にご紹介。 あなたは何派でしょうか?

01:ダウンジャケット/コート
main_02

老若男女問わない防寒着と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、このダウン。

冬の必須アイテムと言えば、暖かいダウン。冬の登山はもちろん、普段使いとしても一着持っておけば安心です。

情報源: descente.co.jp

情報源: thebudgetbabe.com

最近はカジュアルだけではなく、ガーリーなものやモードな雰囲気のものなど、スタイリッシュなディテールのダウン(個人的命名、「ダウンダウンしてないダウン」)も多く、様々なテイストのファッションにマッチするアウターへと変化を遂げています。

そんなダウンのタグでよく見る「ダウン〇%、フェザー〇%」という表記。

main_04

この「ダウン」と「フェザー」の違いとは…
ダウンは水鳥の胸周辺の羽の事を指していて、保温性やかさ高を生み出す特性があります。水鳥1羽から約10~20gほどしかとれない貴重な部位です。
一方フェザーは1本の羽のようなもの。保温性はダウン程高くはありませんが、通気性が良いという特性をもっています。

…つまりざっくり言ってしまうと、ダウンの比率が高ければ高いほど保温性に優れており、「高級品」というイメージがあります。

情報源: shinynylon.wordpress.com

そんな羽が中に詰まっているダウン。
こんなカジュアルスタイルにはもちろん…

オフィス・フォーマルシーンにだって◎タイトめなダウンでスッキリ着る事でスタイルUP効果も狙えます。そして防寒性もバッチリです。
真冬の時期での活躍度はNo.1?!

02:ダッフルコート
main_d01

ブリティッシュ&トラディショナルスタイルの王道といえばダッフルコートは欠かせません。

第二次世界大戦時にイギリス海軍で防寒着として広く使用され、その余剰在庫品が大戦後に市場に出回ったことで一般化した。 フロントはトグル(toggle)と称される浮き型の留め具と対になるループ数組によって留められるため、ボタンとは違い、手袋をしたまま服を脱着衣できるのが特長

情報源: ダッフルコート – Wikipedia

ダッフルコート=子供っぽい、というイメージをお持ちの皆様、ダッフルコートは無限の可能性を秘めているんです!

トレンドのワイドパンツとも相性抜群。ウール素材のものは比較的スッキリとしたシルエットが多いのでボトムスを選ばず合わせやすいです。

そしてキャメル・ブラック・ネイビーなど定番カラーも人気ですが、定番カラー以外のモノもとっても可愛い!


情報源: ameblo.jp

ホワイトやアイボリーは優しげな印象に。
全体的に暗くなりがち&ボトムスがダークカラーになりがちな秋冬ファッションにも映えますね。

情報源: /lookastic.com

カーキやモスグリーンは、シックで使いやすいうえに周りとあまり被りません。個人的にもこの秋冬おすすめのカラーです!

一番カラバリ・素材が豊富なアウターといっても過言ではないのがこのダッフルコート。
自分のベスト・オブ・ダッフルを探してみるのも良いかもしれません。

03:モッズコート
main_m01

カジュアルスタイル派のマストアイテムといっても過言ではないのがこのモッズコート。
気軽に羽織れ、しかも最近は機能的なものも増えており、男女問わず重宝するアイテムです。

「カジュアルすぎてちょっと…」と抵抗がある方も多いと思いますが、日常使いには便利ですよ。いま、一言にモッズコートといっても、色々なタイプがあります。随分とアンチ・モッズコートだった私ですが、つい昨年、モッズコートの万能さに気づきました。今からでも遅くない、モッズコートデビュー!

情報源: fashionsnap.com

他のアウターと比べて生地が薄そう=寒そう…なんてイメージを持っている方もいらっしゃるかと思いますが、モッズコートもダウンやウール地に引けを取らない暖かさをキープできます。

美和さん(@miwa_oike)が投稿した写真

冬仕様のモッズコートで最近多いデザインがコレ。裏地がボア+ファーのものは見た目も着心地も暖かい!

フードや襟元がファーでおおわれているものはマフラーいらず&首元が暖かいだけで体感温度もだいぶ変わります。

他にも、リブ状の袖がついているものや、裏地が取り外し可能になっていて春や秋にも着用できるものなど最近のモッズコート市場は進化をしています。

ショート丈やモッズの定番カラー・カーキ以外の色も人気です。カジュアルなイメージがありますが、キレイめなスタイルにも意外とマッチします。
どれをとっても着回ししやすいのが嬉しいですね!

04:チェスターコート
main_c00

ここ最近になって定番アウターの仲間入りを果たした(?!)人気のチェスターコート。
レディース・メンズ問わず、マニッシュ・クール・スマートな雰囲気漂うアウターです。

チェスターコートとはこれまではメンズ向けコートだと思われていたデザインでしたが、ここ最近は女性がレディライクに着こなすのがトレンドになっています。

情報源: woman-lifeinfo.com

定番のキャメルは人気No,1!デニムとの色味のバランスも抜群です。

縦長ラインのチェスターコートはスッキリとしたバランスで着ることが出来ます。

IENA SLOBEさん(@ienaslobe)が投稿した写真

シャツやタートルネックなど首元が詰まっているものはチェスターコートと相性バッチリ。コートのVラインから見えるインナーのバランス感がクラシカルでとってもオシャレです。

05:ムートンコート
main_mu01

暖かカワイイ!ここ数年人気の素材がこのムートン。
リッチなリアルムートン・扱いやすいフェイクムートン共々、国内の人気セレクトショップでも取扱いが増えています。

自分の体温によりあたたまるので人工的な防寒ではないので乾燥することもなく適度な湿度を保つのでとっても身体にやさしいのです。それが自然素材ムートンジャケットの良いところ。

情報源: discounted-designer-bags.com

リアルムートンの相場はおおよそ10万円前後。初めて購入される場合はブラシなどのお手入れグッズもあると素材が長持ちします。水に弱い素材なので専用の防水スプレーなども必須。

リアルムートンコートの王道ブランドはUNKNOWNやOwen Barryなどがあげられます。
セレクトショップでも人気のブランドたちです。

yumicopainさん(@yumicopain)が投稿した写真

ですが、もちろんフェイクムートンも大人気!
扱いがとってもラク&デザインも豊富なので、選ばれる方も急増中です。
暖かい着心地は勿論ですが、見た目の暖かみも秋冬ファッションの重要ポイント!

フェミニンに着こなしたい!という方はノーカラータイプがオススメです。

人と被らないアウターが欲しい!という方はムートン系をおすすめします。

情報源: whatoliviadid.com

あなたはどんなアウターを持っていますか?

今まで着た事のないアウターに挑戦してみるのも秋冬ファッションの醍醐味の一つ。
お気に入りのアウターと共に、寒い季節もオシャレを楽しんじゃいましょう!

33_007 2015秋冬 定番アウターまとめaxesedit

関連キーワード

関連記事