ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

52,098

持っておきたい定番 流行に左右されないオススメバッグブランド

バッグを選ぶ際、流行りやトレンドを追い求めるのももちろん大切なことですが、やはり1つは持っておきたいのが、昔からある定番ブランドのものではないでしょうか。COACH(コーチ)やGUCCI(グッチ)、PRADA(プラダ)といったブランドのバッグには、その長い歴史のなかで競争を勝ち抜いてきただけの力や重みが込められています。そんな老舗ブランドの歴史やバッグへのこだわりなどを、今回はご紹介していきます。意外と知っているようで知らなかった面が、見つかるかもしれません。

■家族経営の工房から、一大ブランドへ発展した「コーチ」

Coachさん(@coach)がシェアした投稿

1941年、アメリカのマンハッタンで創立された当時のコーチは、家族経営の皮革工房でした。使い込めば使い込むほど味が出てくる野球のグローブにヒントを貰い制作された革製品は、その品質の良さや個性から瞬くうちに消費者たちを虜にしていったそうです。創業から20年が過ぎた1962年、デザイナーのボニー・カシンが「カシン・キャリー」を発表したのを皮切りに、「ダッフル・サック」や「バゲット・バッグ」などのヒット作を続々と発表。コーチを現在に至るまでの有名ブランドへと押し上げました。

コーチ バッグ

ミニボストンシルエットにシグネチャーパターンを施してエレガントに仕上げたデザイン。小物の整理に便利な内側ポケットや取り外し可能なショルダー付きで、実用性も兼ね備えています。毎日のお出かけにもオススメです。

すっきりとしたフォルムが美しい一品。コーチらしいシグネチャー柄が印象的です。メタルロゴが華やかなアクセントに。底マチやポケットが備わり、収納力も申し分ありません。流行に左右されず、長く使い続けられるアイテムです。

COACH一覧 >> https://goo.gl/xxaHSk

■女性からの熱い支持を受ける、イタリア生まれのブランド「FURLA(フルラ)」

FURLAさん(@furla)がシェアした投稿

フルラは1927年、イタリアのボローニャで実業家アルド・フルラネットがレザー・アクセサリーを扱う会社を興したことが始まりとされています。1955年、ボローニャに待望のフルラ1号店をオープンさせ、その後はイタリア全土に販売網を拡大。イタリアの職人による技と最高の素材が人気を博し、そのフェミニンな雰囲気から特に女性層の支持者を増やしていきました。現在では約73の国々に約255もの旗艦店を持つ、イタリア有数の大企業として、繁栄しています。

コンパクトなフォルムと鮮やかなカラーが愛らしいフルラの新作ショルダーバッグ。フェミニンな雰囲気を漂わせるフォルムは、普段の外出だけでなく、パーティー時のお供にもぴったりです。

ドーム型シルエットにパドロック付きファスナーポケットがエレガントな仕上がり。小物を収納できる内ポケットや安定感を高める底ビョウなど、機能的なディテールで快適な使い心地です。ストラップを取り外して手持ちスタイルを選ぶこともできます。

FURLA一覧 >> https://goo.gl/ZxeZjd

■イタリアが生んだ世界最高峰のブランド「グッチ」

Gucciさん(@gucci)がシェアした投稿

ファッションブランドのなかでも屈指の知名度を得ているグッチ。その歴史は、イタリアの花の都フィレンツェから始まりました。グッチオ・グッチによって創立されたグッチは、当初は旅行カバンや馬具を製造する小規模な会社でした。しかし、若いころより富裕層の好むカバンを研究していたグッチは、特に製品の品質に力を注いでいたため、評判はあっという間に広がり、一気に高級ブランドへと成長します。1994年より天才デザイナーとして名高いトム・フォードがデザインを手がけるようになってからは、さらに人気が爆発。現在でも最高峰のブランドとして、多くの人から愛されています。

ブランドのロゴが型押しされた新作ショルダーバッグは、グッチらしいスタイリッシュなデザインが最大の特徴です。収納力も申し分なく、あらゆるコーデに取り入れることができそうな点もユーザー想いの製品といえるでしょう。

世代を超えて世界中の人達から指示され愛されるブランド『GUCCI』グッチから定番となったGGプラスの艶めくレザーをアクセントに加えた品のよい一品。広い底マチが備わり、収納力も抜群です。シックな佇まいで、幅広い世代の方にご利用頂けます。A4サイズもすっぽり収まり、通勤・通学用にも重宝しそうです。

GUCCI一覧 >> https://goo.gl/rXV5wh

■低迷の時代を乗り越え、成長を続ける「プラダ」

Pradaさん(@prada)がシェアした投稿

現在は有名ブランドの1つとして世界中に愛用者がいるプラダですが、その前には長い低迷の時代が存在していたのをご存知でしょうか。創業は1913年、マリオ・プラダとマルティーノ・プラダの兄弟がミラノに出店したのが始まりでした。当初は順調だったものの、2度の世界大戦をきっかけに事業は低迷。創業者であるマリオの死も重なり、なかなか光明が見出せない時代が続きました。
状況が一変したのは、マリオの孫娘ミウッチャ・プラダがオーナー兼デザイナーに就任した1978年。現代の女性の志向に合わせた製品や、常に新しいタイプのバッグを発表することで、一気に人気ブランドの仲間入りを果たしました。しかしミウッチャはそれに満足することはなく、ブランドをさらなる高みに押し上げるべく、現在も探求を続けています。

傷や汚れに強い型押しのサフィアーノレザーを使用しているトートバッグです。両サイドに付いたスナップボタンを外すことで収納を増やすことができ、フォルムのチェンジも可能です。センターにある仕切りが荷物の整理に便利です。

プラダ カナパ

人気のカナパ。キャンパスを使用しているため、ナチュラルな印象ですが、ユーズド加工されたブランドロゴ、留め具やロゴのゴールドが高級感を演出しています。また、形が崩れないように四隅に芯が入っているので、荷物の出し入れもスムーズにできます。

PRADA一覧 >> https://goo.gl/FXbMkf

■世界中のセレブを魅了する、スペインが誇る高級ブランド「LOEWE(ロエベ)」

LOEWEさん(@loewe)がシェアした投稿

スペイン最高峰のブランド、ロエベは、1846年に職人たちがマドリードに工房を立ち上げたことが始まりであるといわれています。ただし、本格的にブランドが始動したのは、ドイツの職人エンリケ・ロエベ・ロスバーグがパートナーとして参入した1872年。エンリケの加入により、資金繰りに困らなくなったロエベは高品質な製品を量産。国内での人気を着実に高めていき、遂には1905年に王室御用達の称号を授かります。
国内での地位を盤石にし、革製品から総合ブランドへと進化を遂げていったロエベは、世界へと進出。1970年に「アナグラム」、1975年に「アマソナ」という2大アイコンを発表したことで、スペインだけでなく世界から認められる有名ブランドとしての地位を確立しました。

ロエベで人気の「パズル」のバッグは、他にはない個性が光る上質なアイテムです。まるでパズルのようにパーツを組み合わせたデザインがなんとも魅力的。すっきりと折りたたむこともでき、便利にお使い頂けます。

ロエベの新アイコン的存在のHAMMOCKバッグです。シッカリとした上質なレザー素材にブランドアイコンのエンボス加工が映えています。ストラップなどの調整でフォルムを幾通りもアレンジできるユニークなデザインのバッグです。底マチが広く、ポケットも付いているので実用性もバッチリです。

LOEWE一覧 >> https://goo.gl/twmjRx

定番の有名ブランドには、品質やデザイン性などそれぞれ定番になっただけの確固たる理由があることは間違いありません。特にブランドにこだわりがないのであれば、ご紹介したような有名ブランドのバッグを購入することをオススメします!

持っておきたい定番 流行に左右されないオススメバッグブランドTakashi -タカシ-