ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

17,119

GUCCI(グッチ)の鬼才デザイナー!アレッサンドロ・ミケーレってどんな人物?

1921年にグッチオ・グッチによって創設され、90年以上もの歴史がある有名ブランドGUCCI(グッチ)。そんなグッチで2015年からクリエイティブ・ディレクターを務めているのがアレッサンドロ・ミケーレです。

“鬼才”とも評されるアレッサンドロ・ミケーレは、その類稀なるセンスでグッチに革命を起こし、さらにはファッション界そのものの流れを大きく変えたともいわれています。アレッサンドロ・ミケーレとはいったいどのような人物なのでしょうか。

■アレッサンドロ・ミケーレとは

1972年、イタリアのローマに生まれたアレッサンドロ・ミケーレ。ローマのファッションアカデミー「ACCADEMIA DI COSTUME E DI MODA」でファッションを学び、FENDI(フェンディ)のシニア・アクセサリー・デザイナーとしてそのセンスを磨きます。グッチのクリエイティブ・ディレクターを務めていたトム・フォードに才能を見出されグッチに入社したのは2002年のこと。それからは、2006年にレザーのデザイン・ディレクター、2011年には前クリエイティブ・ディレクターのフリーダ・ジャンニーニに次ぐアソシエイト・クリエイティブ・ディレクターと着実にキャリアを積み重ねていきます。

転機が訪れたのは2015年。当時のクリエイティブ・ディレクターであったフリーダ・ジャンニーニとCEOが退任し、新CEOにマルコ・ビッザーリが就任すると、ジャンニーニの後継者探しが始まります。そこで白羽の矢が立ったのがミケーレでした。ビッザーリはミケーレの持つ感性やビジョンに目をつけると、2015-16年秋冬コレクションの開始まで1週間というところで、今まで用意されていたジャンニーニのコレクションを撤回し「ミケーレにやり直させる」というチャレンジに踏み出したのです。

ショーピースの準備、ランウェイの構成、モデルのキャスティング、シーティングまでを1週間という短期間でこなすのは不可能ともいえる挑戦です。しかし、ミケーレはこれを見事にやり遂げ、新生GUCCIともいえる奇抜で独自の存在感があるコレクションを見事に発表。グッチの新クリエイティブ・ディレクターとして鮮烈なデビューを飾りました。

■ミケーレによってもたらされた革新

ミケーレが生み出すグッチのエレメントは、過去にトム・フォードやフリーダ・ジャンニーニが作り上げてきたグッチとは一線を画すものになっています。今までのエレガント・ラグジュアリー・モダン・クラシカルといったラグジュアリーブランドの殻を打ち破るような、デコラティブで様々な要素が混沌としたアイテムの数々は、ミケーレの思い描く新生GUCCIを周囲に印象付けるには十分すぎるほどの衝撃を人々に与えました。

また、ミケーレが周囲を驚かせた革新として外すことができないのが、トレバー・アンドリューやダッパー・ダンとのコラボです。トレバー・アンドリューは元プロスノーボーダーであり、2013年から2014年にかけてグッチのロゴを無許可でストリートに描いていた“グッチゴースト”とも呼ばれたアーティスト。ダッパー・ダンは、80年代にニューヨークのハーレム地区で様々なラグジュアリーブランドのロゴを使い自己流にアレンジしたアイテム「ブートレグ(著作権を侵害した非合法の商品)」を作成・販売していた作り手です。

アンドリューもダンもストリートカルチャーの世界で、グッチの名前を無断で乱用していた者。そういった彼らをフューチャーしコラボレーションするということは、長いファッション史でも前代未聞の出来事でした。

■魅力的なGUCCIのアイテムをご紹介!

ミケーレの就任後、グッチの世界観は幅広い層に受け入れられ、それまでラグジュアリーブランドに手を出さなかった人たちの関心をも引きつけました。AXESではそんなグッチのアイテムを多数取り扱っています。あなたも自分好みのアイテムを探してみませんか?

シックなブラックボディにあしらわれた、ゴールドのGGマーモントがアクセントとなったグッチの三つ折り財布です。小さめのバッグに難なく収まるほどコンパクトながら、お札入れ、小銭入れ、カードポケットがついていて収納力は抜群!デザイン性だけでなく、使い勝手もよいアイテムといえるでしょう。

上質なレザーにプリントされたレトロスタイルなロゴモチーフが存在感のある長財布です。レトロスタイルのロゴは非常に人気がある、注目のアイテム。引き手の部分にもGUCCIの刻印がされているなど、細部までこだわりぬかれた一品です。

キルティングが施された贅沢なデザイン。フロントには、アンティーク調のゴールドのGGアイコンが目を引きます。赤と緑のリボンがポイントのデザインですが、そんなに主張せず幅広いコーディネートに合わせることができ、デイリーユースでも活躍すること間違いありません。

レトロなインスピレーションを取り入れた、オフィディアラインのミディアムトップハンドルバッグ。レザーストラップは取り外し可能なので、ショルダーバッグとしてもお使いいただけます。

■ファッション界に革命をもたらした鬼才アレッサンドロ・ミケーレ

アレッサンドロ・ミケーレは、グッチのクリエイティブ・ディレクターに就任してから今まで、数々の革新をもたらし人々を驚かせ楽しませてきました。2018年にはザ・ファッション・アワード2018で「ブランド・オブ・ザ・イヤー」を獲得したミケーレ。話題の尽きないミケーレが、次に何を見せてくれるのか期待せずにはいられません。

▼GUCCI一覧はこちら

GUCCI(グッチ)の鬼才デザイナー!アレッサンドロ・ミケーレってどんな人物?Takashi -タカシ-

関連キーワード

関連記事