ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

sub_01

15,447

ルイ・ヴィトンの柄、実は日本の〇〇がモチーフ!

こんにちは、ファッションエディターのAoiです。

ルイ・ヴィトンといえば日本ではもちろん、世界でも有名なハイエンドブランド。 そんなヴィトンを象徴する有名なデザインといえば「モノグラム柄」や「ダミエ柄」などがあげられます。街中でも見かける機会の多い柄ですよね。

実はそんなヴィトンの柄と「日本」は深いつながりがある事がご存知でしょうか? sub_01

■なぜフランスのヴィトンが日本と…?

「でもなぜフランスのヴィトンに日本が関わるの?」 という疑問が浮かびますが、それは1878年にパリで行われた万国博覧会が大きく影響しています。 sub_02 そこには日本も参加をしていました。そしてそこで、日本庭園や工芸品など日本の美しく繊細な文化を目の当たりにしたヨーロッパの人々はたちまち日本文化の虜になり、「ジャポニズム」という、いわゆる日本ブームが始まったきっかけとなりました。 そしてそのジャポニズムは、ルイ・ヴィトン製品にも大きな影響を与えたのです。

■ジャポニズム真っ只中に誕生した柄


ジャポニズム真っ只中の当時、ルイ・ヴィトンの2代目を継いだジョルジュ・ヴィトンは新作を発表したのです。
そこで生まれたものが、日本の家紋をモチーフにした「モノグラム」柄。
そして日本の市松模様をヒントにした「ダミエ」柄だったのです。

sub_03

今でも目にする機会の多い「ヴィトンの顔」的柄は、日本と非常にゆかりの深い柄だったのです。
この事から、当時のジャポニズムの影響力の強さがうかがえます。
世界中で評価されているブランドの柄には、こんな意外なストーリーが存在していました。

海外の文化には、素敵なものが本当に沢山あります。
ですが日本人として、世界に誇るべき「日本文化」という素晴らしい文化を今後も大切にしていきたいですね。

ルイ・ヴィトンの柄、実は日本の〇〇がモチーフ!axesedit