ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

63,047

あなたの腕時計は大丈夫!?革ベルトを長持ちさせるコツ

働く方なら毎日欠かせない腕時計。今では時間を見るだけに留まらず、ファッションアイテムのひとつとして取り入れている人も多いはず。質のいい革ベルトを採用した腕時計を選び、使い込むほど味が出るまで使い倒したいと思う人も多いのではないでしょうか。そこで、革ベルトのメンテナンスの方法をいくつかご紹介いたします。

■革ベルトの汚れを自分で落とす

毎日革ベルトの腕時計をすると、ベルト部分に汗ジミができやすくなってしまいます。革は水気に弱いので、そのままにしておくとシミが取れなくなるばかりか、ニオイも蓄積してしまいます。

特に汗をかきやすい気候の日は、こまめに汗を拭きとったり、腕時計を使用した後、柔らかい布で拭いて水気を取ることが、ベルトを長持ちさせるコツです。

■洗ったら革クリームで脂分を与える

革クリームでお手入れします。専用の革クリームを少量馴染ませたら、柔らかい布で丁寧に磨き上げるだけ。普段靴磨きをする要領で、革ベルトにもクリームを馴染ませましょう。クリームでお手入れすると表面にツヤも戻ってきます。注意したいのがクリームの成分が肌に直接触れるとかぶれる人がいるため、直接肌に触れない部分にのみ使うこと。革ベルトの表面だけ馴染ませてくださいね。

■素材別革ベルトのお手入れ方法

牛革のカーフは、毎日のお手入れでブラシを使ってホコリを落とし、定期的に革クリームやクリーナーでお手入れしましょう。サドルレザーの場合は濡れたら水分を拭き取り、乾ききる前にオイルを塗ってください。

バッファローやホースレザーはお手入れが簡単なのが魅力。普段は、から拭きでお手入れするだけでも大丈夫。基本のお手入れはカーフと一緒です。

トカゲ皮は水には弱いので、濡れたら水分を拭き取って陰干ししましょう。ツルツルしているものはから拭きだけでよく、基本的なメンテナンスが要らないのが魅力。ダチョウやシャークは固く絞った濡れタオルで、汚れを拭き取れます。

象皮は比較的丈夫で、ブラシで汚れを落とすだけでOK。豚皮はカーフと同様ですが、汚れたら消しゴムである程度の汚れを落せるのが魅力です。ヤギ皮は羊皮と一緒のお手入れ方法で、水に弱いものもあるので注意してください。

■お手入れして味が出る革ベルトに!

FIERRO!さん(@mj.lirax33)がシェアした投稿

腕時計の革ベルト部分のお手入れ方法を知らなかった!という方も多かったのではないでしょうか。自分でもお手入れができることを考えると、革ベルトの時計が選びやすくなりますね。

革ベルトはお手入れ次第で何年も使えて、使えば使うほどアンティークの革のように味が出るのが魅力です。そんな魅力を感じるために、毎日の生活に革ベルトを取り入れてみては?

メンズ腕時計を見る>>>

あなたの腕時計は大丈夫!?革ベルトを長持ちさせるコツTakashi -タカシ-

関連記事