ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

388

夏はやっぱりブランドロゴTシャツ!今年らしい着こなしは?

ロゴTシャツはコーデの主役にふさわしいアイテムですが、毎年同じ着こなしでは飽きてしまいますよね。今回はロゴTシャツを今年らしく着こなすために実践したいテクニックをご紹介します。同じTシャツでも、サイズ感や合わせるボトムスによって印象が変わるので、いろいろなコーデを試してみましょう!

■Tシャツと同系色のボトムスを合わせる

ナチュラルな素材感の「リネン」や「エクリュ」がトレンドになっている今季は、素材そのもののテイストを活かしたコーデが旬です。ロゴTシャツにナチュラルなボトムスを合わせるだけで、ぐっと今年らしい装いに。

あか抜けコーデを目指すなら、Tシャツと同系色のボトムスを合わせてみて♪コーデが素朴であるほどロゴの個性が際立ちますよ!

上の画像のように、ロゴTシャツをセットアップのインナーとして使うのもおしゃれ。ジャケットとボトムスのルーズな丈感がなんとも今年らしいですね。

シンプルなワントーンコーデには、シンプルなロゴTシャツがよく合います。Calvin Klein(カルバンクライン)のロゴTシャツは余計な無駄のないソリッドなデザインで着る人を選びません。

袖を折り返してニュアンスをプラスした、味わい深いロゴTシャツです。素材はコットン100%なので夏の暑い日も汗を吸収してくれます。パンツとスカートどちらに合わせても◎。

一見何も書かれていないようなTシャツですが、オモテ面の中央にはCalvin Kleinのロゴが立体的にあしらわれています。袖が短めの女性らしいシルエットなのでサラッと1枚で着てもかわいいでしょう。

■花柄ロングスカートやワンピースにレイヤードする

今季とにかく流行っている花柄ワンピもTシャツを重ね着すれば甘くなりすぎません。コーデの印象をちょっと変えたいときはロゴTシャツで上半身を隠してしまいましょう。足元にはこちらも大流行中の「アグリースニーカー」を合わせてみて。

ボリュームのあるTシャツは裾をロングスカートにインしてシルエットをスッキリ見せましょう。腰の位置が高く見えて脚長効果も期待できますよ。コーデをごちゃごちゃさせないために、柄スカートには主張が控えめのロゴTを合わせましょう。

GUESS(ゲス)からは、ボトムスに入れても出しても使える丈の長いロゴTシャツをご紹介。バッグの中にTシャツを1枚入れておけば、体を動かして汗をかいても、急な雨に打たれてもいつでも着替えられて快適です。

スパンコールで描かれた「GUESS」の文字が目を引くTシャツです。丈が長いのでワンピース風にも着こなせます。丸首が女性らしい印象ですね。

グラデーションカラーのロゴにはそれぞれに小さなストーンがあしらわれ、ほどよくラグジュアリー感を演出します。夏祭りやBBQのコーデにいかがでしょうか。

■ビッグシルエットTシャツには細身のボトムスを

おしりが隠れる丈のTシャツには、レギンスやスキニーを合わせてシルエットにメリハリをつけるのがコーデの基本です。ビッグTシャツにリブレギンスを合わせると大人っぽくまとまりますよ。

ライン入りのレギンスならスポーティーな印象に。ジムに向かうときや友達とスポーツをするときのコーデに取り入れてみてください。

スポーティーなロゴTシャツを多数取り揃えるのが、アメリカ発のブランドTOMMY HILFIGER (トミーヒルフィガー)です。ブランドを象徴する赤青白の組み合わせは日常使いにピッタリの色合いです。

ロゴマーク部分は生地が切り替えられており、シンプルながらも味のある1着に仕上がっています。コットン製なので着心地にも満足できるでしょう。

Vネックの襟元が涼しげなロゴTシャツです。スポーツ観戦や海や川での水遊びに着ていきたいデザインですね。

■サラッと着られてかわいいロゴTシャツ

シンプルなロゴTシャツはコーデに取り入れやすく、合わせるアイテムによっては今年らしくも着こなせるアイテムです。ブランドによってボディのシルエットや襟元のデザインなどが異なるので、いろいろなロゴTシャツを試してみましょう。おしゃれなロゴTシャツを1枚持っていれば夏のコーデで困ることもなくなりますよ!

夏はやっぱりブランドロゴTシャツ!今年らしい着こなしは?Takashi -タカシ-

関連記事