ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

2,743

骨格ストレート・骨格ナチュラルもOK!フレアスカートの着こなし方

風でふわりとなびくフレアスカートは夏コーデの定番アイテムですが、その女性らしいイメージから「自分には似合わない気がする……」と敬遠している人も多いのではないでしょうか。合わせるトップスや素材感を工夫すれば無理なく自分らしいコーデを楽しめます。今回は骨格タイプ別に似合うフレアスカートの選び方と着こなし方をご紹介します。

■「フレアスカートは骨格ウェーブにしか似合わない」って本当?

体の厚みや腰の位置などの特徴から骨格を3タイプに分類する「骨格診断」の考え方では、フレアスカートは華奢でフェミニンな骨格ウェーブに似合うアイテムとされています。確かに、フレアスカートは色も形もふんわりとしたイメージのものが多いので、普段コンサバ系のファッションを好んでいる人にとっては、心理的に挑戦のハードルが高いアイテムかもしれません。

骨格診断をもとに分析すると、ストレートタイプは体に厚みがあるため下半身のボリュームが強調されるスカートを着こなすのは難しいですし、ナチュラルタイプは骨格がしっかりしているのでフェミニンなイメージがしっくりきにくいという課題もあります。しかし、シルエットや素材感でその課題を解決すれば、ストレートやナチュラルの人でもフレアスカートをオシャレに着こなすことは不可能ではありません。

ここからは「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」の骨格タイプ別に似合うフレアスカートの選び方と着こなし方を紹介します♪

■骨格ストレート:ハリのある素材で広がりが少ないシルエットのものを

厚みのあるメリハリボディが特徴のストレートタイプは、裾の広がりを抑えたタイプで下半身のボリュームを抑えるよう意識すると、フレアスカートをきれいに着こなせます。

スカートの素材はチノやデニムなど厚手でハリのあるものを選びましょう。足元は華奢なパンプスやミュールでコンパクトに見せると、全体の印象が引き締まります。合わせるバッグはシルエットがシンプルで、素材から質の高さが感じられる上品なものがオススメ。女性が憧れる女性のスカートルックを目指すのがポイントです。

●おすすめバッグ

■骨格ウェーブ:柔らかい素材とウエストマークで女性らしく

この投稿をInstagramで見る

@currentlycaro – what do you love about this look?

OOTD Magazineさん(@ootdmagazine)がシェアした投稿 –

ウェーブタイプとフレアスカートは相性抜群です。基本的にはどんなものでもしっくり着こなせますが、フェミニンなイメージを強調するシフォンなどの柔らかい素材のものを選ぶとウェーブ本来の魅力が際立ちます。ギャザーが入って可憐な印象のスカートも◎

ウェーブは腰の位置が低く、メリハリがないように見えやすい骨格なので、トップスをインしてベルトなどで腰の高さ・くびれを強調するとスタイルアップが狙えます。ハイウエストのスカートはさらにスタイルがよく見えるのでおすすめですよ!

フレアスカートと合わせるバッグは、小ぶりで可愛らしいショルダーバッグやポシェットを選んで♪

●おすすめバッグ

■骨格ナチュラル:ざっくりとした天然素材が◎マキシ丈もOK

骨格がしっかりしているナチュラルタイプにはスタイリッシュなイメージのコーデが似合います。フェミニンなテイストはあまり得意ではない人が多いので、女の子らしいイメージを目指すのではなく、コーデ全体をカジュアルにまとめることを意識しましょう。

似合うフレアスカートはリネンや麻など、ざっくりとした風合いの天然素材のもの。マキシ丈をかっこよく着こなせるのがナチュラルの強みなので、画像のようにざっくりとした印象のスカートを選びましょう。コーデの主役となるフレアスカートに合わせて、バッグもカジュアルなものを選ぶとバランスがいいですよ♪

■「似合わない」という思い込みを捨ててコーデの幅を広げよう!

今回は骨格タイプ別に似合うフレアスカートの選び方をご紹介しました。フレアスカートをはいたことがないという方は、まず自分の骨格と相性のいいスカートから試してみてはいかがでしょうか。裾の広がりや丈感、素材によって印象はがらりと変わるので、似合わないと決めつけず、積極的に流行のアイテムを試してみましょう!

骨格ストレート・骨格ナチュラルもOK!フレアスカートの着こなし方Takashi -タカシ-

関連キーワード

関連記事