ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

1,476

お部屋も自分も北欧風に♪おすすめのMARIMEKKOアイテムまとめ

1

こんにちは、ファッションエディターのAoiです。
北欧ブームが止まりませんね!
モダンで大胆な北欧ファブリックをインテリアに取り入れると、家の中がパッと明るくなります。それは、「長い冬を過ごす間、家の中で少しでも楽しくハッピーに暮らせるように」という北欧の人々の気持ちや、太陽への憧れが感じられるから。また、自然をモチーフにしたデザイン、有機的な素材のあたたかみ、シンプルかつ機能的であるところなど、北欧アイテムの魅力は日本人の感性にすっと馴染みます。

そんな北欧アイテムを、インテリアだけでなくファッションにも取り入れる人が急増中。そこで今回は、北欧ブームと切っても切れない人気ブランド「MARIMEKKO(マリメッコ)」の魅力とアイテムを紹介します!

■フィンランド発MARIMEKKOの服や雑貨に世界が夢中
Young lady runing with tissue in green field. Beautiful happy woman walking in the summer rural meadow. Beautiful fit tan girl. Sexy slim model caucasian ethnicity outdoors.

MARIMEKKO(マリメッコ)は、1951年にフィンランドで生まれたブランド。もとは「プリンテックス」というファブリックのプリント会社だったのですが、その社長夫人がプリンテックスのモダンな生地の魅力を伝えるため、ファッションショーを開催することを思いついたのが、MARIMEKKO誕生のきっかけとなりました。

MARIMEKKOは、フィンランド語で「マリちゃんのドレス」という意味。
ファッションショーの大成功を受け、MARIMEKKOの動きやすくファッショナブルな服は、「北欧のココ・シャネル」として女性から大人気になりました。その後、1960年にアメリカのケネディ大統領夫人がMARIMEKKOの服を7着も購入したことで一気に知名度を上げ、世界的ブランドへと発展。今では、女性服はもちろん、紳士服、子供服、アクセサリー、雑貨と、幅広く展開しています。

■MARIMEKKOの象徴、「ウニッコ」って?
3

MARIMEKKOといえば、モダンで大胆な柄のテキスタイル。中でも、元気で鮮やかな花柄の「ウニッコ」は大ヒットを博し、1964年にデザインされて以来、MARIMEKKOの代名詞となっています。

ウニッコは、「けしの花」という意味。
バッグや雑貨、インテリア用品など、ウニッコが散りばめられたアイテムはどれもキュートで、インパクト大。見ているだけでハッピーになれますね!
明るいレッドのほか、モノトーンのウニッコ柄も人気です。ウニッコ柄のバッグを持って街を歩けば、「あっ、マリメッコだ♡」と注目を集めること間違いなし!

■北欧のライフスタイルを取り入れるなら、このアイテム

「北欧インテリアには憧れるけど、インテリアコーディネートが難しそう」と思っていませんか?
いきなり部屋全体を北欧色に染めなくても大丈夫。
MARIMEKKKOのテキスタイルは柄が大きくて華やかなので、小物アイテムを取り入れるだけで、お部屋がぐっと北欧ムードになるのです!

まずは、トレーやミトン、エプロンなど、毎日使うキッチン雑貨をMARIMEKKOにしてみませんか?

MARIMEKKOを始め、ビビッときた北欧のファブリックやアイテムを少しずつ増やして、憧れの北欧風ライフスタイルを手に入れましょう♪

お部屋も自分も北欧風に♪おすすめのMARIMEKKOアイテムまとめaxesedit

関連キーワード