ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

542

ビーチでお目立ち♪マリンレジャーアイテム

さんさんと輝く太陽の下での海水浴は、とっても気持ちがいいですよね。仲間と水を掛け合ってはしゃいだり、波の音を聞きながら砂浜でウトウトしたり……。海でゆっくりと過ごすだけで、心と体にエネルギーが満ちていくような気分になるのは不思議なことです。

手ぶらで行っても十分に楽しめる海ですが、これから紹介するレジャーアイテムがあれば、ビーチで過ごす時間がより快適で思い出深いものになるでしょう。今年は水着やビーチサンダルなどの基本的な装備に加えて、流行りのレジャーアイテムを用意してみては?

■快適さと可愛さのあるアイテムで気分をアゲて!

快適さと可愛さを兼ね備えたアイテムをビーチやプールに持っていけば、周囲からの羨望のまなざしを独り占めできるかも?世の女性たちの「可愛い!」「欲しい!」を刺激する、旬のレジャーアイテムをご紹介します。

□ラウンドタオル

nahoさん(@naho__h)がシェアした投稿

ここ数年で一気にマリンレジャーに欠かせないものとなった「ラウンドタオル」。かつてはビーチで個性をアピールするアイテムと言えば水着でしたが、最近はやや大きめで円型のラウンドタオルを使っておしゃれなビーチステイを楽しむスタイルが流行中。

ラウンドタオルは水着の上に羽織ったり、レジャーシートの代わりに砂浜に敷いたりして使うのが基本です。ボヘミアンモチーフなどの大胆な柄なら、人でごった返す砂浜でも目印になるので、自分たちの拠点を見失うこともないでしょう。オフシーズンには、こたつカバーやお部屋のラグとして使える点も人気の理由です。

□バルーンソファ

Janina’s simple Lifeさん(@janinalicious)がシェアした投稿

円筒状の生地に空気を入れて使うバルーンソファは、ビーチはもちろん、キャンプやフェスなどのアウトドアイベントでも大活躍のアイテム。風のある日ならポンプを使わなくても簡単に膨らませることができ、空気を抜けばコンパクトに持ち運ぶことができます。

バルーンソファは1人で寝そべればベッドとして、2人で座ればふかふかのソファとして使えます。空気の入れ加減によって柔らかさが変わるので、自分がリラックスできる固さに調整して、優雅なひと時を過ごしましょう。なかには、浮き輪にもなる2WAYのバルーンソファも。大人数のグループで水遊びをする場合も重宝しますね。

□テント・タープ

海に行くのは好きだけど、日焼けするのは絶対イヤ!という人は、テントやタープ(屋根だけの日避け)を必ず持参しましょう。アウトドアショップでは、ワンタッチで簡単に設置できるものや、着替え用に縦長に設計されたものなど様々なタイプのテントやタープが販売されており、カラーや柄のバリエーションも豊富です。真夏の熱中症対策にも欠かせません。

また、砂浜を歩くなら絶対に持っておきたいのがビーチサンダル。ラバー素材の丈夫なサンダルがあれば、足元の汚れや濡れを気にせず海水浴を思いっきり楽しむことができるでしょう。

■荷物がまとまる!大容量バッグ

Mauricetteさん(@mauricette_etel)がシェアした投稿

タオルにサンダル、水着など自分で使うグッズのほかに、みんなで使うタープやレジャーシートまで準備するとなると、荷物の量は膨大になり、普段使っているバッグには収まりきらないかもしれません。レジャー用の大きなバッグを持っていない方は、これを機に大容量のバッグを購入してみてはいかがでしょうか?

LeSportsac(レスポートサック)のバッグは、作りがしっかりしているので重いものを持ち運ぶことも多いレジャーシーンにピッタリ。デザインのバリエーションも豊富なので、自分好みのバッグを探してみてくださいね!

■撥水加工のバッグなら汚れにくい!

Cath Kidstonさん(@cathkidston_ltd)がシェアした投稿

PVC(ポリ塩化ビニルコーティング)のバッグなら、海で水滴や砂がついてもサッとふき取るだけで汚れを落とすことができます。携帯電話やお財布など、濡れると困る貴重品類は、PVCのバッグに入れてガードしましょう。

汚れや水気に強いアイテムや日避けになるアイテムは、アウトドアを思う存分楽しむために必要不可欠です。ブランドやデザインにこだわれば、あなたの姿を普段よりも魅力的に見せてくれるはず。とくに新しい出会いを求めて海に行く人は、ぜひ“盛れる”お気に入りアイテムを探してみてくださいね♪

ビーチでお目立ち♪マリンレジャーアイテムTakashi -タカシ-

関連記事