ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

286

お気に入りブランドの傘で梅雨をオシャレに乗り切ろう!

ジメジメした天気が続く梅雨は、家を出る前から気分が萎えてしまうという方も多いのではないでしょうか。オシャレな傘はそんな梅雨を乗り切るために欠かせないアイテムです。ビニール傘を使う人も多いかもしれませんが、お気に入りブランドの傘なら梅雨もハッピーに♪今回は3つのブランドからおすすめの傘をご紹介します!

■6月は雨のシーズン!梅雨はいつまで続く?

気象庁のデータでは、関東甲信地方の平年は梅雨入りが6月8日ごろ、梅雨明けは7月21日ごろと示されています。梅雨入り自体はたいだい6月初旬ですが、梅雨明けはその年によってさまざまで、過去には8月初旬まで梅雨が続いたこともあるようです。

今年の梅雨予報はまだ発表されていませんが、6月から7月にかけては不安定な天気が続くと考えておきましょう。折りたたみ傘をバッグに入れておけば、いつ雨が降っても安心ですね!

■COACH(コーチ)の傘なら通勤服とも相性バツグン!

COACH(コーチ)は1941年にニューヨークで創業された、革製のバッグや財布で人気のファッションブランドです。高品質なうえに耐久性と美しさを兼ね備えたラインナップはアメリカンスタイルの代表ともいわれています。
さまざまなブランドが扱う傘の中でも、コーチの傘は上品なデザインで通勤・通学コーディネートとよく合うのが特徴です。スーツにもオフィスカジュアルにもよく馴染むので、外出が多い営業職や就活生は特に重宝するでしょう。持つ人を選ばないのでちょっとしたプレゼントにも♪

高級感漂うコーチのロゴを前面にあしらった折りたたみ傘です。カラーバリエーションも豊富で、お気に入りの色を持てば梅雨の日も気分が下がることなく過ごせそう!ケースにもコーチのロゴがあしらわれたエレガントな一品です。

■「Marimekko(マリメッコ)」の傘で雨の日もテンションアップ!

北欧を代表する人気ブランドのMarimekko(マリメッコ)。鮮やかな色合いの大胆なプリントが特徴で、洋服やバッグだけではなく、折りたたみ傘やインテリア商品などの雑貨も幅広く扱っています。

「シールトラプータルハ」や「ウニッコ」など、ぱっと目を引くデザインの商品は梅雨のジメジメを吹き飛ばし、元気をチャージしてくれること間違いなし!雨の日こそオシャレに過ごしたい方にはマリメッコの傘がピッタリです。

鮮やかなピンクを基調としたかわいらしいウニッコ柄の折りたたみ傘。表側はテフロン加工が施されているため、汚れや雨をしっかり弾きます。同じ柄のカバーには着脱可能なストラップもついており、ラバー素材のグリップは握りやすく機能性もバッチリです。

スタイリッシュなストライプな印象的な折りたたみ傘です。通勤や通学にはもちろんのこと、コーディネートのアクセントとして日常使いしても楽しい一品。プレゼントとしてもおすすめです。

■機能性・耐久性で選ぶなら「totes(トーツ)」

totes(トーツ)はアメリカのオハイオ州で創業されたレイングッズのブランドです。1942年にトーツブランドから発売した長靴が大ブレイクしたことをきっかけに、社名を現在のトーツへと変更しました。

1970年にはアメリカ初となる折りたたみ傘を販売し、これも長靴と同じように大ヒット。2013年には風速112km/hに耐えられる強度を持つTITAN(タイタン)シリーズの折りたたみ傘を販売するなど世界的に注目を集めています。

エレガントかつスタイリッシュな印象を与えるマットなブラックの折りたたみ傘です。外見だけではなく、機能性にも優れたTotes lineシリーズの折りたたみ傘は、流行に惑わされることなく長く愛用できます。使わないときはコンパクトに収納でき、重さも約330gと非常に軽量なのでバッグの中でも邪魔になりません。

同じくTotes lineからネイビーの折り畳み傘です。グリップにはシングルラインが施され、スマートな印象。ビジネスシーンでも活躍します。

■外出の際は傘の準備をお忘れなく……

今回は梅雨の日も晴れやかな気分で外出できる折りたたみ傘をご紹介しました。雨の日もエレガントさを演出できるコーチ。彩り鮮やかで気分が晴れやかになりそうなマリメッコ。シーンを問わずに使えて機能性も高いトーツ。どの折りたたみ傘も優れた商品なので、使うシーンや気分に合わせて、バッグの中に忍ばせる1本を選んでみてくださいね♪

傘(カサ)一覧はこちら

お気に入りブランドの傘で梅雨をオシャレに乗り切ろう!Takashi -タカシ-

関連キーワード

関連記事