ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

550

【大人のスウェットコーデ】きれいめ派もカジュアル派も必見のおしゃれ着こなし!おすすめブランドスウェットも

秋から春まで大活躍するファッションアイテム「スウェット」。ですが、部屋着っぽい手抜きコーデに見えてしまうという方や、カジュアルになり過ぎないか心配というきれいめ派の方も多いはず。

そこで今回は、高見えが叶うおすすめブランドスウェットで、大人のおしゃれなスウェットコーデをご紹介します。ぜひお出かけの際の参考にしてみてくださいね。

マルニの白スウェットできれいめモノトーンコーデ

1つ目のおすすめは、爽やかなホワイトのカラーに、控えめなブランドロゴがポイントのマルニのスウェット。ラグランスリーブ仕様で、肩や腕を動かしやすいのが特徴です。

ゆったりしたスウェットにタイトスカートを合わせて、シルエットにメリハリを付けるときれいめな印象に!アクセサリーを付けたり、メイクをちゃんとしたりするのも、手抜きコーデに見えないコツですよ。

バッグのドット柄とアクセサリーの丸いパールをリンクさせて、コーデに少し遊び心を加えてみました。

▼使用したアイテムはこちら!

MM6の黒スウェットと柄パンツでクールコーデ

2つ目は、ブランドを象徴するカレンダーロゴが映えるMM6のスウェット。ブラックのシンプルなクルーネックでどんな系統のコーデとも合わせやすいのがポイントです。

モノグラム柄のスッキリとしたパンツに、先の尖ったシューズ、スタッズ付きのバッグを合わせればクールなコーデに仕上がります。

ファージャケットやゴールドアクセをプラスすると、カジュアルなスウェットもラグジュアリーに見せることができますよ。

▼使用したアイテムはこちら!

A.P.C.のスウェット×シャツで大人カジュアルコーデ

3つ目は、シックなグレーにえんじのワンポイントロゴが大人っぽいA.P.C.のスウェット。ゆとりのあるドロップショルダーシルエットで1枚でもレイヤードしてもこなれた着こなしが叶います。

スウェットとシャツをレイヤードして襟を出すことで、簡単に大人カジュアルコーデが完成。今回はデニムパンツを合わせていますが、きれいめのハーフパンツやプリーツスカートもおすすめです。

ローファーや千鳥格子柄のバッグで少しトラッドな印象に。おしゃれな街並みやカフェなどでも映えそうです!

▼使用したアイテムはこちら!

マルジェラの短めスウェットとローライズデニムで大人の肌見せコーデ

4つ目は、ダメージ加工でヴィンテージライクに仕上げたメゾンマルジェラのスウェット。ゆったりとしたドロップショルダーや後ろのステッチもポイントです。

クロップド丈のスウェットはだらしない印象になりにくく、スタイルアップが期待できますよ。敢えてローライズのデニムを合わせることで、トレンドの肌見せコーデを大人っぽく仕上げました。

こちらもトレンドのニット帽はスウェットとの相性抜群!小さ目のシルバーアクセを合わせると、小物とのバランスもとれた、きれいめカジュアルスタイルになります。

▼使用したアイテムはこちら!

マルニのピンクスウェットで華やかデイリーコーデ

5つ目は、ピンクのカラーにブラックの手書き風ロゴがインパクト抜群のマルニのスウェット。ゆったりとしたドロップショルダー仕様。あたたかい裏起毛なのも嬉しいポイントです!

ゆったりとしたスウェットはシャツワンピースなどとレイヤードし、シャツの裾を出すのもおすすめ。スキニーパンツと合わせることで、メリハリのあるバランスの取れたシルエットに。

スウェットのピンクを主役にするため、その他のアイテムはモノトーンで揃えつつ、ピアスでスウェットのカラーとリンク。顔周りが一気に華やぎます。

▼使用したアイテムはこちら!

どんなコーデにも合わせやすいスウェットをワードローブに追加!

一見カジュアルな印象があるスウェットも、スッキリとしたボトムスを合わせたり、シャツとレイヤードしたりすれば、大人っぽくきれいめに仕上げることができます。

今回ご紹介したおすすめブランドスウェットやコーディネートを参考に、ぜひ秋から春まで大活躍するスウェットを、ワードローブに加えてみてくださいね。

海外ブランドのスウェット アイテム一覧はこちら

【大人のスウェットコーデ】きれいめ派もカジュアル派も必見のおしゃれ着こなし!おすすめブランドスウェットもstaff

関連記事