ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

1,037

マナーはOK?秋の結婚式コーデがおしゃれに決まるアクセサリー

秋は結婚式の多い季節。この秋、誰かの結婚式に出席する方も多いのでは?結婚式では、ドレスや髪型と同様にアクセサリーにも守るべきマナーがあります。しっかり確認しておかないと、なんとなく選んだアクセサリーが実はマナー違反だったということにもなりかねません。ぜひここで、結婚式列席時のアクセサリーのマナーを復習しておきましょう。

■結婚式で避けるべきアクセサリーとは?
View this post on Instagram

Tevahitua Brothersさん(@ora_concept)がシェアした投稿

結婚式列席の際は白いドレスがご法度なように、アクセサリーも「花嫁の特権」というイメージがあるものはNGです。花嫁が身に付けることの多い生花や大きなコサージュ、ティアラの使用は避けましょう。ブラックパールやファー素材のアクセサリーなど、不祝儀や殺生を連想させるものもマナー違反です。 また、結婚式はフォーマルなパーティーのため、チープな素材・カジュアルなデザインのアクセサリーは付けないほうが無難です。プラスチックや木のアクセサリーはもちろんですが、髪をまとめるシュシュなどもふさわしくありません。 そのほか、ついうっかりして付けてしまいがちなのが腕時計です。結婚式に限らず、おめでたい場では「せっかくのお祝いなのに時間を気にしている」と見られるため、基本的には時計は付けないようにしましょう。

■確実なのはホワイトパールのアクセサリー

結婚式に付けていくアクセサリーで迷ったとき、まず間違いないのがホワイトパールです。白いパールのアクセサリーは結婚式の定番で、冠婚葬祭のどんな場面でも使うことができる万能アイテム。必ず一つは用意しておきましょう。

ベーシックな1連のネックレスはもちろんどんな結婚式でも使うことができますが、2連、3連のものはOKかどうか、気になる方もいるのでは?一部には「複数重なる=結婚が重なる(離婚)ことをイメージさせる」として避けるべきと考える人もいますが、近年はむしろ「喜びが重なる」として肯定的に捉える人、または気にしない人がほとんどです。ただし、年配の人が多い結婚式の場合は、念のため避けたほうが無難かもしれません。

らせん状のメタルが印象的なパールのネックレスです。ラグジュアリー感を演出してくれるのでドレッシーなコーディネートによく合います。

丸みを帯びたフォルムが女性らしい印象のピアス。耳元でさりげなく揺れ、顔周りに華やかさを与えてくれます。

■光りものは夜のパーティーのみOK

一般的には、昼の結婚式にはゴールドやクリスタルなどの光りものはふさわしくないとされています。その理由は、写真撮影の際にアクセサリーに太陽光が反射し、周囲の人の写りに影響してしまうため。パール以外のアクセサリーを付ける場合は、光の反射が起こらないものを選びましょう。

一方、夜の結婚式では華やかなアクセサリーを付けるのがマナーのため、光りものもOKです。キラキラと輝くアクセサリーでコーディネートに華を添えましょう。

ネックレスがゴールドならピアスやイヤリングもゴールド、シルバーならシルバーといったように、色味や素材を統一するとコーディネートにまとまりが生まれます。ドレスがシンプルな場合は豪華なアクセサリーを、華やかな場合はシンプルなアクセサリーを選んでバランスを取りましょう。

晴れの日にふさわしいゴージャスなゴールドネックレス。首元をグッと華やかに見せてくれるため、シンプルなドレスとのコーディネートに最適です。

どこかエキゾチックさを感じさせる、個性的なデザインのネックレス。都会的な大人の女性像を表現することができます。

■ヘアアクセサリーで個性を演出

ご紹介してきたように、結婚式列席の際に身に付けるアクセサリーにはさまざまなマナーがあります。そのため、どうしても周りの女性と似たり寄ったりのアクセサリー使いになってしまい、個性が出せなくなりがち。しっかりとマナーを守りながらも個性をアピールしたいと考えているなら、ヘアアクセサリーはちょっぴり豪華なものをチョイスしてみては?

髪の長さが肩以上であれば、結婚式ではアップスタイルが基本です。アクセサリーなしだと清楚な印象になりますが、写真のようにパールの付いたUピンを飾ったり、バレッタを留めたりするとより華やかに見せることができます。

シンプルながら高級感のある、洗練されたデザインのバレッタ。ブランドイニシャルのワンポイントが程よいアクセントになります。

ロマンティックで女性らしい「カメリアコレクション」のバレッタ。存在感があり、アップスタイルのワンポイントに最適です。

結婚式は、新郎新婦にとって一生の記念となる特別な日。二人の特別な日を台無しにしないためにも、列席者はマナーを守ったコーディネートをすることが不可欠です。今回ご紹介したアクセサリーのマナーを改めて確認し、晴れの日にふさわしい装いで出席しましょう。

マナーはOK?秋の結婚式コーデがおしゃれに決まるアクセサリーTakashi -タカシ-

関連記事