ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

1,291

ヨーロッパ写真日和VOL.138『パリコレ2018、ファッションスナップ・その1』

冬の青空からこんにちは、吉田タイスケです。
今年も道路に大渋滞を引き起こすパリコレのシーズンがやってきました。今回はディオール・オートクチュールコレクションのショー会場前から、ファッションスナップをお届けします。

138_002

黒塗りの送迎車の間を縫うようにして、会場へ。

138_003

招待状を持ったファッショニスタ達が信号を渡る時から、もうひとつのショーは始まっています。

138_004

会場は例年通り、ロダン美術館が選ばれました。

138_005

帽子を被っている人が多かったのも、印象的でした。バッグの星&足元の星が効いてますね。

138_006

こちらのお二人も。

138_007

トレンドに倣うよりも、トレンドを作る人たちですから、ファッションもバリエーション豊か。共通の要素を探すなら、エレガンスでしょうか。

138_008

シックな二人。全身黒でも素材の違いやメイク、小物で印象は変わりますね←いつから評論家?

138_009

こちらは紫のファーに上下が黒。

138_010

こちらのマダムも黒ですが、コートのラインがエレガントですね。手袋もお洒落。

138_011

かと思うと、こんな柄のコートを着ている人がいたり。

138_012

足元にも注目。

138_013

一方、カフェの前では撮影会が始まったり。ショーの時期はお祭りです。

138_014

後ろ姿も美しい。

138_015

ディオールを身につけてくるのは、お約束。

138_016

会場近くの交差点が、スナップエリア。カメラマンがだいたい100人くらいは集まってます。

138_017

そして、最上顧客といえばこの仔でしょう。ポメラニアンのフェーちゃん。
よく見れば、ちゃんとパールのネックレスもしています。さすが。
会場で一緒にショーを見るのよ、とディオール顧客の飼い主さん。犬も入れるとは、さすがフランスですね。

以上、パリコレの会場前からお伝えしました。次回も続編の予定です。どうぞお楽しみに。

ヨーロッパ写真日和VOL.138『パリコレ2018、ファッションスナップ・その1』staff

関連キーワード

関連記事