ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

1,205

ヨーロッパ写真日和VOL.40『春のシチリアとオートクチュール』

040_001

こんにちは、吉田タイスケです。
つい先日まで、イタリアはシチリア島に出張していました。シチリアはイタリアでいちばん大きな州であり、東から西までの景観もバラエティに富んでいて、まるでヨーロッパの魅力を全てそこに集めたように思えます。歴史、文化、山あり海ありリゾートあり。廃墟あり(?)、乾いた大地あり。毎日食べても飽きないシチリア料理と相まって、ここに住んでもいいと思えるくらいでした(おおげさ)。

040_002

タオルミーナのホテルから見おろす海辺。夜明け時は、小さな船に乗った漁師達が近海でイワシなどを獲りに出かける様子を眺められます。

040_003

世界中から観光客が集まるリゾート地ですが、海の透明度がすごいですね、、。

040_004 040_005 040_006

麦畑で深呼吸をして、羊飼いから前兆と真実について話を聴き、、、

040_007

紀元前に造られたヘレニズム様式の神殿でご宣託を頂きます。えー、仕事運は、、、←そういう場所じゃないから。

040_008

もちろん、お猫さまもいらっしゃいます。

040_009

さて、大自然を堪能した後はパリに戻りましょう。
現在発売中のリシェス春号に掲載されている、ディオールのサロンです。ムッシュ−・ディオールが実際に使用していたこのサロン。メディアに掲載されるのは今回が初めてだそうです。世界に名だたるハイブランドの歴史は、ここから始まりました。

040_010

右端はディオールが実際に使用していたデスク。真ん中は僕の写真ではなく、1954年のオートクチュールコレクションから。当時はこのサロンでコレクションが発表されていました。
大自然と華の都、どちらも魅力的ですね。しばらくはその二つの間を行ったり来たりする生活を楽しんでいたいと思います。最近は、だいぶ自然側に傾いていますが…。

次回は暖かくなってきたパリから、ファッションスナップをお届けしたいと思います。どうぞ素敵なゴールデンウィークをお過ごし下さい。

ヨーロッパ写真日和VOL.40『春のシチリアとオートクチュール』axesedit

関連記事