ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

1,942

ヨーロッパ写真日和VOL.94『自然に囲まれたスイスの小さな村巡り・その2~ソーリオ~』

世界の車窓からこんにちは、吉田タイスケです。今回もクレア・トラベラー秋号で訪ねたスイスから。ブレガリアの谷に咲く、美しい隠れ里からお伝えします。

94_002

こちらは乗り換えの駅で出会った子どもたち。

94_003

チューリッヒから電車とバスを乗り継いで約5時間、、、。

94_004

車内で眠るのにも飽きた頃、イタリア国境近く、標高1090mにあるソーリオ村に到着しました。人口はわずか167人。

94_005

藁葺き屋根ならぬ、石葺き屋根が並ぶ小さな村です。

94_006

昔、洗濯場として使われていたところが、今も残っています。

94_007

村を歩いていたら、農家に牛乳を届けるところだというおばさんに出会いました。かわいい犬を連れて、しかも名前はハイジさん!
ちょっとイメージが違いますが(←オイ)、、、さすがアルプスの渓谷。

94_008

村で唯一のチーズ屋さんのハイジおばさん。そのまま、彼女のお店も撮影させてもらいました。

94_009

歩いていた時に足元に落ちていた薔薇の花びら。村には何もないと言ってもいいほどお店も少ないので、却って草木や花びらに目が集まります。

94_010

こちらは宿泊したホテル。17世紀に建てられた館から始まり、今も中世の趣を保っているパラッツオ・サリス。名門貴族の末裔が、今も経営しています。
このベッドも確か300年くらいの歴史があったような、、、。

パラッツォ・サリス
https://www.palazzo-salis.ch

94_011

庭に咲いた花を生けたという部屋の花瓶も、そこに屋外の自然があるようで和みます。テーブルのセンターレースも、なんとなく昭和だし、、、。
ちなみにここで食べる食事は、今回のスイスツアーでいちばんと言ってもいいくらい美味しかったです。いつか再訪したいですね。

94_012

夕陽に照らされる村を高台から。19世紀イタリアの画家、セガンティーニは自身が愛したこの村を「天国の入り口」と形容しています。
天国かどうかはわかりませんが、写真を撮っていても聖なる空気に満ちているような気がしました。森に囲まれているせい??

94_013

石に囲まれた村の風景。

94_014

この村からカスタセーニャ(栗の里、の意)という村にかけて、ヨーロッパ最大の栗林が広がっていて、ところどころに栗の乾燥、燻製を行う小屋が建てられています。

94_015

その栗粉を使って作った栗ケーキがこちら。カスタセーニャ名物、栗タルトです。要冷蔵なので、ぜひ現地で味わってみてください。
ソーリオからバスで20分ですが、そこまで行く価値があるタルトでした。パリでも売ってほしい。

Pasticceria Café Negozio Salis
Villagio 9, Castasegna
Tel: 081 822 18 86 日休

天国にいちばん近い(?)、スイスの隠れ里をご紹介しました。次回はついにマッターホルンに挑みます。どうぞお楽しみに。

ヨーロッパ写真日和VOL.94『自然に囲まれたスイスの小さな村巡り・その2~ソーリオ~』axesedit

関連記事