ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

508

2019秋のトレンドカラーはパープル!バッグで流行を先取りしよう♪

2019年秋冬に最も注目したいトレンドカラーは「パープル」! 今年はオーソドックスなパープルからラベンダーまで、さまざまな色調の紫が流行中です。しかし、紫を組み込んだコーデがイメージできないという方も多いのではないでしょうか。今回はそれぞれのパープルの特徴や、コーデに取り入れやすい色などを解説します。

■パープルの流行が止まらない!

今年の秋冬の流行色としては、ブラウンやイエローなどが候補に挙がっていますが、今一番勢いがあるのは「パープル」です。2019AWコレクションでは、「マイケル・コース」「トム フォード」「ドリス ヴァン ノッテン」などの人気ブランドがこぞってパープルを採用し話題を呼びました。

パープルは色調が幅広く、トーンによって全く異なる印象を与えるのが特徴です。今年はいろんなパープルの中から、自分に一番しっくりくるものを探してみましょう。

■パープルとはどんな色?

赤と青が混ざった紫は、高貴で神秘的なイメージを持つ色です。華やかでゴージャスな印象があるので、今季はぜひパープルのアイテムを軸にしてコーディネートを組み立ててみましょう。

パープル初心者におすすめなのは、白や黒、グレーなどベーシックカラーと組み合わせること。パープルコーデに慣れてきたら、ブラウンやカーキなどの「アースカラー」と合わせる旬のスタイルに挑戦してみては?

■パープルの類似色

赤と青の間に属する色を一括りに「パープル」と呼ぶこともできますが、実際は赤みと青みのどちらが強いか、くすんでいるのか澄んでいるのかでさまざまな色に細分化されています。パープルの類似色とそれぞれの特徴は以下の通り。パープルコーデの最初のステップとして、この中から秋冬コーデに取り入れてみたい色を探してみましょう。

□バイオレット

バイオレットはパープルよりも青みが強く、鮮やかな青紫色です。日本人には「すみれ色」といったほうが馴染み深いかもしれません。バイオレットは淡いベージュと合わせると、一気にオシャレ上級者の装いに。小物類もベージュでまとめ、使う色を2色に絞るのがまとまり良く見せるコツです。

□ラベンダー

ラベンダーは薄く爽やかなパステル系の紫色です。ライトグレーやホワイトと合わせると、上品で優しげな印象を活かせるでしょう。ガーリーなイメージが強い色ですが、ブラックやネイビーを締め色にすると、大人でもファッショナブルに着こなせますよ。

□プラム

プラムはパープルよりも落ち着いたトーンで、少し茶色がかったカラーです。高貴で大人なイメージがありますが、難しいことは考えずTシャツなどでカジュアルに取り入れてみると意外としっくり来ます。

□ボルドー

ボルドーはワインのように赤みがかった紫色で、こっくりと深みがある秋らしいカラーです。ぜひ挑戦したいのがキャメルとの組み合わせ。この2色の相性は抜群で、手軽にハイセンスな秋コーデが叶いますよ。

■おすすめパープルバッグ4選

いくらトレンドとはいっても、パープルはオシャレ上級者向けのイメージが強い色です。「興味はあるけど失敗が怖い」という方は、服ではなくバッグなどの小物でパープルを取り入れてみてはいかがでしょうか?

くすみの強いラベンダー色のミニボストン型バッグは上品なお出かけスタイルにピッタリ。着脱可能なショルダーつきで、さまざまなシーンで活躍します。

鮮やかなバイオレットカラー。コンパクトに折りたたんで持ち運べるパッカブル仕様。マチ幅が広くたっぷりと収納できるので、幅広いシーンに重宝します。

女性らしさや温かみが感じられるカラーです。A4サイズ対応で、通勤バッグとしても使いやすいシルエット。パープルのバッグを持って、シンプルコーデにメリハリをつけましょう。

深みのあるボルドーが秋らしい印象のリュックです。メタルカラーのロゴに高級感があり、カジュアルなスタイルも女性らしくまとまります。

■「パープル」で最旬スタイルを楽しもう♪

9月はまだ気温が高い日もありますが、パープルをコーデに取り入れることで、ファッションの季節感が秋に向かって一歩前進します。自分がしっくりくる色調のパープルを身につけて、旬のスタイルを楽しみましょう。

2019秋のトレンドカラーはパープル!バッグで流行を先取りしよう♪Takashi -タカシ-