ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

2,708

~ファブリックの女王~北欧を代表するファッションブランド「MARIMEKKO」

四半世紀以上の歴史をもつフィンランドのブランド「MARIMEKKO」。ウニッコ柄をはじめとした大胆なデザインを特徴とするこのブランドは、婦人服や子ども服、紳士服のほか、バッグやインテリア用品、生活雑貨など幅広い商品を手がけています。今回は、世界中で愛される「MARIMEKKO」の歴史と魅力に迫ります。

■戦後間もない時代を明るく照らした「MARIMEKKO」

「MARIMEKKO(マリメッコ)」とはフィンランド語で「小さなMariのための服」のこと。この可愛らしい名をもつブランドは、戦後間もない1951年にフィンランド・ヘルシンキでアルミ・ラティアとその夫、ヴィリオ・ラティアによって創立されました。

ヴィリオは元々「Printex」というオイルクロスやプリントファブリックを取り扱う会社を経営しており、妻アルミが後に入社しました。アルミの友人のデザイナーに「Printex」の製品のデザインを依頼したところ、カラフルで大胆なカラーを使った画期的なデザインが誕生しました。これをきっかけとして、1951年、アルミらはテキスタイルプリントを基盤とした製品を展開するために新会社「MARIMEKKO」を立ち上げました。

戦後の暗い時代に「フィンランドの人々を明るくしたい」という気持ちから生まれた「MARIMEKKO」。1951年に開かれたファッションショーではその鮮やかなカラーやユニークな柄が評判を呼びました。1956年には海外への展開をスタートさせるなど、フィンランド国内に留まらず、世界中に知られるブランドへと成長していきました。

■古さと新しさが融合したデザイン

2000年代以降は積極的に若手デザイナーを起用し、オリジナルなライフスタイルを提案するブランドとして定着している「MARIMEKKO」。現在はテキスタイルデザインごとにデザイナーがおり、日本人デザイナーも活躍しています。また、定期的にデザインコンテストを開催し、新たなデザイナーの発掘にも力を入れています。

「MARIMEKKO」のデザインは「古いものを継承しながら新しいものを取り入れる」という独特のプロセスによってつくられています。「Timelessness」をコンセプトに掲げ、多くのプリント柄が過去のデザインを現在の形に落とし込んだり、これまでのアーカイブから配色をリニューアルすることで生み出されているとのこと。

それぞれのプリント柄は、ドローイングやペインティング、ペーパーカットやコラージュまで、各デザイナーの意思を尊重してさまざまな手法でつくられています。「完璧でない部分にも美しさがある」との考えからその多くはハンドメイドで、「ゆったりとした空気のような感覚」が大切にされていることが特徴です。

■フィンエアーとのデザインコラボレーション

ここ数年、フィンエアー(フィンランド航空)では、全ての航空機でテキスタイルやテーブルウェアにマリメッコの伝統的な模様を使用したMarimekko for Finnarコレクションを採用しているのです。また、長距離路線ビジネスクラスやエコノミーコンフォートではMarimekko for Finnarコレクション特製アメニティキットを提供しています。

Riaさん(@ria.on.air)がシェアした投稿

Marimekko for Finnarコレクションは、機内が軽快で斬新な雰囲気になるように特別にデザインされています。フィンランドの湖や風景を象徴する青、緑、ライトグレーの穏やかな色調が用いられ、空高く飛翔するイメージをインスピレーションとしています。

■アルミの魂が宿った「MARIMEKKO」のバッグ

「MARIMEKKO」は毎シーズン新しいカラーやテキスタイルデザインを世に送り出して人気を集めていますが、そのいずれにも創業者・アルミの魂が宿っています。そんな「MARIMEKKO」のバッグの中から、特に人気を集めている商品の一部をご紹介します。

▼marimekko一覧はこちら

定番のウニッコ柄やロゴプリントのものはもちろん、ユニセックスで使用できるシンプルで機能的なリュックなど、幅広いラインナップを提供する「MARIMEKKO」のバッグ。ぜひいつものコーディネートにプラスしてみてください。

~ファブリックの女王~北欧を代表するファッションブランド「MARIMEKKO」Takashi -タカシ-