ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

2,115

2018年秋冬はメタリック素材をコーデに取り入れよう

暗いトーンの服が多く、どうしてもコーディネートが地味になりがちな秋冬。そんな秋冬ファッションをパッと華やかにしてくれる「メタリック」なアイテムが、2018秋冬は流行しそうです。

とはいえ、多くの人にとってはなじみが薄く、使いどころが難しいメタリック素材。コーデにお洒落に取り入れるにはどうすればよいのでしょうか。

■2018秋冬はメタリック素材が流行

「メタリック」は2018秋冬ファッションの最注目キーワードのひとつ。ゴールドやシルバーの生地、スパンコールやラメ糸をあしらったアイテムがこの秋冬には勢揃いしそうです。すでに海外では流行しており、メタリック生地のトップス・ボトムスを大胆に用いたコーディネートがSNSなどで高い評価を集めています。

ただし、メタリックな服はインパクトが強いため、顔立ちが素朴な日本人が着ると、服に顔が負けてしまいがち。また、パーティーなどで着るのはともかく、メタリックな服の普段使いは難しいと考える人も多いでしょう。

私たち日本人がメタリックなアイテムを使いたいときは、バッグやシューズで取り入れるのがベター。主張が強すぎないので、トレンド感をさりげなくコーディネートに取り入れることができます。パーティーシーンではキラキラと輝くものを、普段使いでは光沢感が控えめのものを選ぶとコーディネートになじみやすくなります。

■メタリックなバッグをコーデに取り入れるコツ

では、メタリックなバッグはどのようなアイテムと合わせればよいのでしょうか。以下では、メタリック素材のバッグを取り入れる際のポイントをコーディネート例ごとにご紹介します。

□同系色の服と合わせると自然になじむ

MusthavesLvrsさん(@musthaveslvrs)がシェアした投稿

「メタリックなバッグを使いたいけど、奇抜になるのは嫌」という方は、服の色と同系色のバッグをチョイスしましょう。写真のコーディネートではベイクドピンクのアウターに合わせて、ほんのりピンクがかったゴールド系のバッグを用いています。バッグがコーディネートから浮くことなく、自然になじんでいますね。

□モノトーンコーデのアクセントに

メタリックなバッグは、モノトーンコーデのアクセントに最適。定番のモノトーンコーデが、一気に今年らしくお洒落に仕上がります。ただし、モノトーンカラーでも柄のある服を着るときは、バッグは極力シンプルなデザインなものを選びましょう。写真のコーディネートでは、甘くなりがちな水玉のワンピースにシンプルでシャープなバッグを合わせることで、コーディネートに適度な“辛さ”を加えています。

□派手な服に合わせるなら小ぶりなものを

OOTD Magazineさん(@ootdmagazine)がシェアした投稿

インパクトのある服に大ぶりのバッグを合わせると、コーデがごちゃごちゃとした印象になってしまいます。派手なコーディネートに取り入れるなら、ミニショルダーやポシェットのような小ぶりのバッグを選びましょう。紫のワンピースを大胆に使った写真のコーディネートでは、ゴールドのポシェットがほどよいアクセントになり、全体の印象を引き締めています。

■おすすめメタリックバッグ4選

以下では、2018秋冬におすすめのメタリックバッグを4つ紹介します。

ゴージャスなローズゴールドのトートバッグ。コーディネートをパッと華やかに見せてくれます。手ごろなサイズでショルダー付きのため、身軽にお出かけしたいときにもぴったり。肩かけでも斜めがけでも使えます。

控えめなシャイニーさで、さりげなくトレンド感をアピールできるバッグ。上品なプラチナムカラーはどんなコーディネートにもマッチします。派手すぎないので通勤にも活躍しそうです。

パーティーシーンに最適な、インパクト大のシルバーのバッグ。白や黒といったモノトーンカラーにはもちろん、ベイクドブルーやマスタードといったこの秋冬流行のカラーにもよく合います。ほどよいサイズ感でコーデのアクセントにぴったりです。

星の形のスタッズが一面にきらめくキュートなトートバッグ。肩に掛けられる長めの持ち手と広い底マチが備わり、使い勝手も抜群です。落ち着いたコーデに遊び心を加えてくれるでしょう。

難しいイメージのあるメタリックアイテムですが、バッグであれば人を選ばず、簡単にコーディネートに取り入れることができます。また、メタリックなバッグは意外にもいろんな服との相性がよいので、さまざまな場面で活躍してくれること間違いなし。この秋冬はぜひメタリックなバッグをゲットし、トレンドの最先端を走りましょう。

2018年秋冬はメタリック素材をコーデに取り入れようTakashi -タカシ-

関連記事