ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

34,237

今もなお多くのセレブに愛されるブランド「Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ・フェラガモ)」

イタリアのファッションブランドで知らない人はいないであろう「Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ・フェラガモ)」。その歴史は古く、始まりは1927年となっているが現代においてもその人気は衰えることを知らないと言っても過言ではないだろう。今回はそんなSalvatore Ferragamo(サルヴァトーレ・フェラガモ)の歴史、そしてブランドのシグネチャーとも言える「ガンチーニ」と「ヴァラ」についてご紹介していきたいと思います。

■Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ・フェラガモ)の歴史

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ・フェラガモ)はみなさんもご存じのマリリン・モンローやオードリー・ヘプバーンなどの、多くの有名な女優が愛したことでも有名なブランドです。創始者であるサルヴァトーレ・フェラガモは、1910年代にアメリカのカリフォルニア州サンタバーバラで靴の修理やオーダーメイドを手掛ける店舗を開きました。彼の靴は瞬く間に注目の的となり、有名な俳優や映画関係者が訪れ始めました。その後1920年代にはハリウッドに「ハリウッドブーツショップ」を開店し、「スターの靴職人」と名声を集めるようになりました。

1925年、履き心地の良い・足を痛めない靴を開発するため、南カリフォルニア大学で人体解剖学を学んだ彼は「体重は土踏まずのアーチに垂直にかかる」ということを発見し、より快適な靴の製作に取り入れたのです。

そして1927年故郷であるイタリアに帰国し、フィレンツェに「サルヴァトーレ・フェラガモ」第一号店をオープンしました。数々の苦労を乗り越え、多くの貴族やセレブなどの顧客を獲得していき、アメリカを始め、イギリス、オランダ、フランス、ドイツなど多くの先進国で販売がされる程にまでなっていました。

そして彼の後を妻のワンダと子どもたちが受け継ぎ「頭のてっぺんからつま先までフェラガモで装う」という彼の夢を叶えていくことになるのです。

■フェラガモの代表的アイテム「ガンチーニ」

フェラガモの代表的アイテムの一つである「ガンチーニ」は1969年に初めてフェラガモの歴史に登場しました。ガンチーニとは【小さなフック】という意味の言葉で、ハンドバッグなどの留め金具としての機能を持ちあわせたモチーフです。ガンチーニを見れば「フェラガモ」とわかるといった方も多いのではないでしょうか?

留め金具という概念にとらわれることなくハンドル部分がガンチーニであるものなど、素材やディテールにとらわれることなく、今なお進化を続けるデザイン性がこの「ガンチーニ」の魅力と言えます。

■フェラガモのもう一つの代表的アイテム「ヴァラ」

「ガンチーニ」と同じくフェラガモの代表的なアイテムと言われているのがこの「ヴァラ」です。ヴァラは1978年にフェラガモの歴史にパンプスという形で登場します。このヴァラのパンプスが代表的なアイテムとなっていることもあり、ヴァラと言えばパンプスを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

しかしヴァラの一番の特徴と言われている、中心部にフェラガモの刻印入りのゴールドプレートを用いたワイドなリボンである「グログランリボン」が使用されているアイテムは、バッグや財布、ヘアアクセサリーなどに使用され多くのシーンでその存在感を放っています。

▼Salvatore Ferragamo一覧はこちら

今なお進化を続け、人々を魅了し多くのセレブや有名人に愛されているSalvatore Ferragamo(サルヴァトーレ・フェラガモ)。2014年には日本初となる公式オンラインストアをオープンするなど、あくなき挑戦は留まるところを知らない。これはいくつもの困難に阻まれ倒産という大きな壁にぶつかりながらも、幾度となく挑戦を続け地位を築いていったサルヴァトーレ・フェラガモの精神が受け継がれていると言えるのではないだろうか。多くの女性を虜にするサルヴァトーレ・フェラガモの魅力を是非感じてみてください。

今もなお多くのセレブに愛されるブランド「Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ・フェラガモ)」Takashi -タカシ-