ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

11,907

ヴィンテージファッションに欠かせないアイテムとは?

クラシカルなシルエットと洗練されたデザイン、しっかりとした作りが魅力のヴィンテージアイテム。時代を超えて愛されてきた品々にはそれぞれ個性があり、コーディネートに取り入れることで自分らしいおしゃれを楽しむことができます。

今回は、ヴィンテージの定義をはじめ、アイテムの特徴や着こなしのポイントをご紹介します。ヴィンテージファッションはハードルが高いと考えている方も、コーディネートがまとまる鉄板アイテムを押さえて、普段のスタイルをおしゃれに格上げしてみましょう!

■まず知っておこう!「ヴィンテージ」と「古着」の違い

SomaVintageStoreさん(@somavintagestore)がシェアした投稿

「人とかぶらない、自分を表現するファッション」を目指すファッショニスタが、こぞって目をつけるヴィンテージ。ヴィンテージと聞くと「古着」や「リバイバル」といった関連ワードが頭に浮かびますが、どんなスタイルを指す言葉なのでしょうか?

□ヴィンテージ

ヴィンテージの定義は大きく5つあります。

1. 30年ほど年数が経過した衣服やアイテム
2. ある一定の価値が定められているもの
3. 目利きによってセレクトされたもの
4. クオリティが保たれるもの
5. バイヤーが買い付けて、ヴィンテージショップで販売されているもの

ヴィンテージ品として店頭に並ぶ衣服やアイテムは、大量生産ものとは異なり、作りがしっかりしていて、一点ものであることも少なくありません。当時の人の流行が感じられるヴィンテージは、現代の製品にはない趣があり、「ファッションは個性を光らせるためのもの」と心得ているファッショニスタから根強い人気があります。

□古着

一方、古着と呼ばれるものは次のように定義されています。
1. 1回でも誰かが着用したもの
2. 90年代以降のもの
3. クオリティは問わない
4. 目利きによってセレクトされる必要はない
5. 消費者同士でも売り買いされる

第三者に目利きされたヴィンテージ品より敷居が低く感じますね。ヴィンテージ品は希少価値が高いのに対し、古着は大量生産ものも多く存在します。誰かが一度は着用したものなので、ホツレや汚れがあったりする場合も。しかし、その特徴を味と捉え、古着をヴィンテージ風に着こなすファッショニスタもいます。

■ヴィンテージスタイルの特徴

vintage loverさん(@j_adore_vintage)がシェアした投稿

ヴィンテージと言っても年代によってテイストはまちまちなので、今回は70年代、80年代のファッションに注目していきます。

70年代はハイウエストのボトムスや、ストライプのワンピース、レオパード柄のトップスや、ヘッドスカーフが世界的に流行していました。アスコットブラウスも、女性たちの間で人気だったようです。70年代に入ると音楽が盛んになりますが、それと同時にファッションも多様化し、ドレス類を着こなす人が増えた一方、個性的なヒッピーファッションも生まれました。

スカーフやフラットハットなどは当時のファッションに欠かせないアイテムでした。70年代は色鮮やかで、印象的な柄のアイテムが注目されていた時代と言えるでしょう。

音楽の中心がディスコに移った80年代は、肩に大きなパットが入ったジャケットや、タイトなスカートなど、よりシルエットにフォーカスしたデザインの服が注目されるようになりました。ミニスカートコーデにレッグウォーマーを合わせたり、ビッグイヤリングをつけたりと「とにかく目立つ!」を意識したスタイルが特徴です。

当時の流行背景を取り入れて着こなすことが、ヴィンテージスタイルの楽しいところ。当時の流行着こなしポイントを真似て、ヴィンテージコーデをおしゃれにまとめましょう。

・70年代を参考に、柄のトップスにタイトスカートや、ハイウエスト、裾広がりのボトムスを合わせる
・80年代を意識して、オーバーサイズのトップスに、ミニスカートやタイトスカートを合わせる

■ヴィンテージスタイルに欠かせないアイテムはこれ!

elliotさん(@ellimirror)がシェアした投稿

ヴィンテージスタイルは、身にまとう服だけでなく、取り入れる小物も重要です。中でも欠かせないのが柄スカーフ。70年代の女性は、ヘッドスカーフと言って、頭に巻き付ける方法でスカーフを取り入れていましたが、現代では肩にかける方法がトレンドです。タイトトップスと、スカーフ、ハイウエストのボトムスを合わせるだけで70年代風ヴィンテージスタイルがキマります。

当時の流行を取り入れたスタイルにするには、大きめのサングラスやミニバッグを合わせるといいでしょう。Aラインがキレイに出るワンピースを主役にすれば、簡単にヴィンテージ感が楽しめます。ここからは、ヴィンテージスタイルを引き立てるミニバッグをご紹介します。

今回は70年代と80年代のファッションにフォーカスをあて、ヴィンテージの魅力や着こなしポイントをご紹介しました。希少価値の高いヴィンテージ品ですが、その時代のトレンドが反映されているので、当時の様子を想像しながら着こなす楽しさがあります。

「周りと同じようなファッションから卒業したい!」「自分の個性を服で表現したい!」という人はぜひヴィンテージファッションを楽しんでみてください。ご紹介したミニバッグでコーデを彩るのもおすすめです。

ヴィンテージファッションに欠かせないアイテムとは?Takashi -タカシ-

関連記事