ライフスタイルにプラスになる、ファッショナブルな情報を発信。-abox-

11,902

秋の定番「ストール」。大人女子の巻き方4選

日中は暖かいものの、朝晩はグッと冷え込むようになってきたこの頃。こんな季節には、さっと首元を温めることができるストールを準備しておくととても便利です。しかし、ストールのお洒落な巻き方がよくわからないという方も多いのでは?今回はそんな方のために、大人女子にぴったりのストールの巻き方をご紹介します。

■エレガントな印象を与えるアフガン巻き

大きな三角形をつくってフロントに垂らす「アフガン巻き」は、大人っぽく上品な雰囲気に見せたい方にぴったり。巻き方は以下の通りです。

1.ストールを対角線に折って三角形をつくる。
2.体の前に三角形を垂らし、両端を首の後ろに持ってくる。
3.両端を首の後ろで交差させ、そのまま体の前へ垂らす。
4.両端を首の前で結び、結び目を三角形の下に隠して完成。

両端を結んで三角形の下に隠すのが基本の結び方ですが、上の画像のように両端を結ばずそのまま垂らしてもOK。ゆるっとしたこなれ感のある印象になります。

2017年秋冬の流行色、エバーグリーンのストールはエレガントなアフガン巻きと好相性。巻くだけで一気に秋っぽい印象に仕上がります。ふんわりと軽く、少し肌寒いときの羽織り物にも◎。

■Iラインを強調するシンプルノット

swapnaさん(@flame_beaute)がシェアした投稿

スタイルをよりよく見せたいなら、縦長のIラインシルエットを強調できる「シンプルノット」がおすすめ。巻き方はこちらです。

1.ストールを首にかけ、一方を長めに垂らす。
2.長い方をゆるくひと結びし、コブをつくる。
3.コブが胸の高さに来るように位置を調節する。
4.コブをつくった方とは逆の端をコブの上から中に通す。
5.両端の長さを揃えて完成。

マニッシュなシンプルノットはシャツやジャケットと相性抜群で、通勤コーデにもぴったり。簡単にスラリとした印象に見せてくれるので、スタイリッシュなテイストがお好みの方はぜひ取り入れてみてください。

秋色のボタニカル柄が華やかなストール。シャツ+ジャケットのメンズライクな組み合わせにシンプルノットで取り入れれば、女性らしさとカッコよさが同居する洗練されたコーディネートに。

■簡単でお洒落な一周巻き

OOTDさん(@ootdsubmit)がシェアした投稿

ストールの巻き方のうち、最も基本的でシンプルな「一周巻き」。厚手のマフラーを巻くときにも使えます。キレイに仕上げる方法は以下の通り。

1.ストールを首にかけ、一方を長めに垂らす。
2.長い方をぐるりと首に一周巻きつける。
3.首周りの輪っかになっている部分を両手でつまむ。
4.ぱたぱたと空気を含ませるようにしながら輪を緩める。
5.左右の端の長さが同じになるように調節して完成。

なお、首に一周巻き付けたあと左右に垂れたストールを掴み、首の後ろで×をつくるようなイメージで持ちあげてから下ろすと、垂れた部分が左右揃ってよりキレイに見えます。

暖かで肌触りのよいカシミヤ100%のストールは、シンプルな一周巻きで上質な素材感を活かすのがおすすめ。全16色の豊富なカラーから選べます。

■大人ナチュラルなワンループ巻き

OOTDさん(@ootdsubmit)がシェアした投稿

ナチュラルで大人っぽい印象に見せてくれるのが「ワンループ巻き」です。ルーズな雰囲気が魅力なので、ゆったり使える大判のストールを使用するのがおすすめ。巻き方は以下の通りです。

1.ストールの横幅を2~3回折りたたみ、細長くする。
2.長さを半分に折り、輪の部分に手を差し込む。
3.首にあて、輪に端の部分を通して完成。

きつく締めるのではなく、ふんわりゆるく巻き付けるとお洒落に仕上がります。首周りにボリュームが出るので、小顔効果も期待できそう。

■巻き方次第で印象はガラッと変わる

ストールは巻き方次第で印象を大きく変えることのできる非常に便利なアイテムです。ぜひ今回ご紹介した4つの巻き方をマスターし、毎日違った雰囲気のお洒落を楽しんでみてください。

ストール一覧はこちら

秋の定番「ストール」。大人女子の巻き方4選Takashi -タカシ-

関連キーワード

関連記事